F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

トロロッソ代表、ホンダ新PUに高評価「我々を抜くのは簡単じゃないだろう」

シェア
コメント
トロロッソ代表、ホンダ新PUに高評価「我々を抜くのは簡単じゃないだろう」
執筆:
協力: Ken Tanaka
2019/04/28 9:14

トロロッソのフランツ・トスト代表は、アゼルバイジャンGPに持ち込まれたホンダの新エンジンについて高評価。直線スピードが速く、ライバルが抜くのは簡単なことではないだろうと語った。

 F1アゼルバイジャンGPの予選で、トロロッソ・ホンダ勢は今季初のQ3進出を達成。ダニール・クビアトが6番グリッドを確保した。

 チーム代表のフランツ・トストによれば、この好結果はホンダ製PUのアップグレードによりもたらされたモノだという。

「良い1日だった。素晴らしい予選を戦うことができた」

 トスト代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「ダニールは常にトップ10圏内にいたから、6位に値すると思う」

「このコースに向けた良いセットアップがあるし、空力もうまく機能している。そしてホンダがより強力な新しいエンジンを持ち込んでくれたから、正直に言って良い結果を期待していたんだ」

「そしてドライバーたちも素晴らしい仕事をした。これら全ての要因が、我々に良い結果をもたらしたのだ」

 アゼルバイジャンGPは、例年混乱が起きるレースである。そのため、クビアトが問題なくレース序盤を過ごすことを願うと、トスト代表は語った。

「ダニールが最初のコーナーと1周目で生き残ることを願っている。そうすれば、このポジションに留まることができるだろう。我々のマシンは、ストレートでとても速いから、心配していない。我々を抜くのは、そう簡単じゃないだろうね」

 トスト代表は、ホンダの新PUのメリットが、決勝では全て見られるだろうと語った。

「予選では、期待していたモノを全て手にすることができた。そして残りはレースで見られるだろう。我々はレース中の改善も期待しているんだ」

次の記事
クビサ、アゼルバイジャンGP決勝はピットレーンスタートを選択

前の記事

クビサ、アゼルバイジャンGP決勝はピットレーンスタートを選択

次の記事

金曜日、マンホールの蓋と接触したラッセル「恐怖症にはなっていない。大丈夫」

金曜日、マンホールの蓋と接触したラッセル「恐怖症にはなっていない。大丈夫」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
サブイベント Q1
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Oleg Karpov