F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
24
:
20
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

田辺TD「予選に向け有益なデータを得た」レッドブルのPU交換はシーズン戦略と説明

シェア
コメント
田辺TD「予選に向け有益なデータを得た」レッドブルのPU交換はシーズン戦略と説明

F1第5戦 70周年記念GPの初日走行がイギリスのシルバーストン・サーキットで行なわれた。ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは予選とレースに向け、有益なデータを得ることができたと振り返った。

 シルバーストン・サーキットで行なわれている、F1 70周年記念GP。ホンダ製パワーユニット(PU)を搭載するレッドブルのマックス・フェルスタッペンはFP2で4番手、アレクサンダー・アルボンが11番手となった。

 またアルファタウリはダニール・クビアトが12番手、ピエール・ガスリーが13番手に並んだ。

 前戦と同じシルバーストン・サーキットを舞台とする70周年記念GP。気温は1週間前より上昇する予報となっており、そのコンディションでの有益なデータを得ることができたと、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは語っている。

「先週末にここシルバーストーンでレースを行なっているため、今日はそのデータからPUのセッティングをさらに最適化し、初日のセッションに臨みました」

 田辺TDはプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「事前の予報通り、30℃近くまで外気温が上昇した中でも、PUとして大きな問題もなくプログラムを消化することができました」

「この暑さは日曜まで継続しそうな予報が出ているので、予選とレースに向けて有益なデータを取ることができたと考えています。ここからさらなる最適化に向け、分析を続けていきます」

 なお今戦でホンダは、フェルスタッペンとアルボンのマシンに2基目のパワーユニットを導入している。田辺TDはこれがシーズンを通じての戦略を考慮したものだと説明した。

「なお、このラウンドから、シーズンを通してのPU使用戦略を考慮したうえで、レッドブルの2台に2基目のPUを投入しています。今後は1基目のPUと併用しながらレースを戦うことになります」

「アルファタウリの2台も同様の考え方ですが、ガスリー選手はすでにハンガリーで2基目を投入していること、クビアト選手は先日のレースでのクラッシュの影響を今日の走行で確認する目的により、今回は2基目の投入は行なっていません」

 

Read Also:

セバスチャン・ベッテル、レーシングポイント代表と車に同乗?

前の記事

セバスチャン・ベッテル、レーシングポイント代表と車に同乗?

次の記事

レーシングポイントへの裁定に不満。フェラーリ、マクラーレン、ルノーが控訴へ

レーシングポイントへの裁定に不満。フェラーリ、マクラーレン、ルノーが控訴へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1