F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
23 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
37 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
65 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
86 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
100 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
107 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
121 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
128 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
142 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
191 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
205 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
212 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
226 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
240 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
247 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
261 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
275 days

フェルスタッペンは再来年以降もレッドブル? ホーナー代表自信

シェア
コメント
フェルスタッペンは再来年以降もレッドブル? ホーナー代表自信
執筆:
2019/12/05 23:42

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2021年シーズン以降も、マックス・フェルスタッペンがチームに残ることを確信している。

 2019年シーズンはコンストラクターズランキング3位で終えたレッドブル・ホンダ。同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、今季3勝を挙げ、ドライバーズランキングでも3位になったマックス・フェルスタッペンについて、2021年以降もチームに残ってくれるだろうと考えているようだ。

Read Also:

 2020年のF1を戦うドライバーのラインアップは、2019年とほぼ同様。ルノーの1台、そしてウイリアムズの1台以外は全て、今季と同じラインアップだ。しかし同年限りでトップチームも含め多くのドライバーの契約が切れることになり、2021年のグリッドに並ぶ顔ぶれは、大シャッフルされる可能性もある。

 そんな中で注目を集めるのが、メルセデスのルイス・ハミルトンだ。今季6度目のタイトルを獲得したハミルトンは、フェラーリとコンタクトを取っていると報じられている。また、2020年限りで引退するという話もまことしやかに囁かれている。メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、ハミルトンがチームに残る可能性は「75%にすぎない」と語るほどだ。

 もしハミルトンが本当にメルセデスを離れることになった場合、その後任候補になると見られているのがフェルスタッペンである。ウルフ代表もF3時代からフェルスタッペンに注目しており、フェルスタッペン側もタイトルを狙える体制を求め、移籍に可能性を見出すということもあるかもしれない。

 ただレッドブルのホーナー代表は、2021年以降もフェルスタッペンがチームに残ることを確信している。

「来年の終わりには、全てのトップドライバーたちの契約が満了するだろうと思う」

 そうホーナー代表は語った。

「でも彼(フェルスタッペン)はこのチームで満足していると思う」

「我々は、彼にチームにいて欲しいと思っている。彼は、ここによく合っているんだ。来年彼に競争力のあるマシンを提供できるかどうか、それは我々次第だ。しかし最終的に全てのドライバーが今と同じ場所に留まったとしても、驚くことはないだろう」

 ラインアップが2021年も変わらないことを、なぜそこまで確信できるのか? そう尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「(シャルル)ルクレールはフェラーリとの契約下にあると思う。そしてルイスは今置かれている環境にかなり満足しているはずだ。そしてマックスも同様に現在の環境に満足している」

「もし来年、彼らがそれぞれ競争力のあるマシンに乗っていたとしたならば、なぜ変わる必要、動く必要があるのだろうか?」

Read Also:

次の記事
2020年のF1、MGU-Kの使用制限を3基に緩和。最多22戦のスケジュール考慮

前の記事

2020年のF1、MGU-Kの使用制限を3基に緩和。最多22戦のスケジュール考慮

次の記事

ザントフールトの“18度バンク”、故ホワイティング氏が発案に一役買う

ザントフールトの“18度バンク”、故ホワイティング氏が発案に一役買う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper