”想い”を共有するレッドブルとホンダ。PU出力が向上すればタイトルも不可能じゃない?

シェア
コメント
”想い”を共有するレッドブルとホンダ。PU出力が向上すればタイトルも不可能じゃない?
2019/02/18 7:51

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が、テスト開始に先立ち、ホンダのプレスリリースにコメントを寄せた。

 本日からスタートするF1合同テストに先立ち、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、ホンダのプレスリリースにコメントを寄せた。

 昨年限りでルノーとの関係を終了させ、今季からホンダのパワーユニットを使うことになるレッドブル。PUサプライヤーの変更にはリスクもあったが、ポジティブに捉えているとホーナー代表は語る。

「チームにとってPUサプライヤーの変更は大きな決断でしたが、今はこの状況を楽しんでおり、今後についてもポジティブな期待を抱いています」

 そう語るホーナー代表。すでにチームとホンダのコミュニケーションもうまくいっているようだ。

「Hondaとはすでにパートナーとして一丸となれていますし、彼らのF1にかける情熱とチャレンジ精神には我々の想いと共通するものを感じています。双方のエンジニア同士の緊密な作業により、車体とパワーユニットが本当の意味で一体となっていく様子を見ていると、この先が楽しみでなりません。冬のオフシーズン期間中に、レッドブル、Honda双方が懸命に作業に取り組み、多くの面で前進できていると実感しています」

「また、昨年、トロロッソがHondaと一緒に積み上げてきたものがレッドブル・テクノロジーを介して我々のマシンに反映されており、それも大きなアドバンテージになっています」

 昨年も4勝を挙げているレッドブルだけに、最初から上位を争うことが期待されている。しかしながらホーナー代表は、そう簡単なものではないと気を引き締める。

「当然ながらライバルも進化を遂げているはずです。したがって、我々の対他競争力については、少なくともテストで走ってみてから、もっと言えば最初の3レースを終えたあたりにならないと正確なものは見えてこないと思っています」

「今年の目標は昨年よりも多くのサーキットでマシンの実力を出せるようにすることですが、そこにPUの出力アップが加わればさらに素晴らしいものになります。それさえ実現できれば、我々にはサーキットにもファクトリーにも優秀なチームが控えているので、レースでの勝利や、最終的には選手権の優勝も不可能ではありません」

「ただ、現実的にはそういったことをシーズン開始後すぐに実現するのは難しいであろうとも想定しています。シーズン中にはチームとして進化を見せられるレースがある一方で、PUの使用基数制限により困難に直面するレースウイークもあるだろうと考えています」

「それでも、このパートナーシップには大きな可能性を感じていますし、シーズンを通してコンスタントな前進を見せられるものと思っています」

次の記事
ハース、新車VF-19の実車をテスト直前のバルセロナで公開

前の記事

ハース、新車VF-19の実車をテスト直前のバルセロナで公開

次の記事

レッドブル・ホンダRB15、本カラーリング発表。昨年とほぼ変わりなく……

レッドブル・ホンダRB15、本カラーリング発表。昨年とほぼ変わりなく……
Load comments

この記事について

シリーズ F1
Be first to get
breaking news