2020年から開催決定。ベトナムGPのコースは1周5.656kmの市街地コース

シェア
コメント
2020年から開催決定。ベトナムGPのコースは1周5.656kmの市街地コース
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/11/07 10:10

2020年から開催されることが発表されたF1ベトナムGP。そのコース図が明らかになった。

 2020年から開催されることが発表されたF1ベトナムGP。そのコース図が明らかになった。

 このコースは全長が5.565kmの公道サーキット。ハノイ郊外のスタジアム近くに設定される予定で、新たに建設される区間も含んでいる。直線は1.5kmに及び、初期のシミュレーションでは、最高時速は335km/hにも達するという。

 いくつかの区間は現在のF1開催サーキットを彷彿とさせるレイアウトであり、例えばタイトなターン1とターン2は、ニュルブルクリンクの最初のセクターに酷似する。またターン12からのセクションは登り勾配であり、モナコのサンテ・デボーテのようだ。ターン16〜19にかけては、鈴鹿のS字やシルバーストンのマゴッツ-ベケッツ-チャペルを思わせる。

 F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、日本GPのために鈴鹿を訪れる前に、ハノイを訪問。施設が期限通りに準備されることを確信したという。

「そのコースは、主に市街地サーキットだ。しかし、まだ作られていない区間がある」

 ホワイティングはそう説明した。

「それは、ピットビルディングが建設される場所だ」

「コースの一部はそこに建設されることになるが、現時点ではまだ何も存在しない。しかしその区間は、レース後には道として使われることになるだろう」

次の記事
佐藤琢磨がプリンシパルに就任、鈴鹿レーシングスクールが新体制へ

前の記事

佐藤琢磨がプリンシパルに就任、鈴鹿レーシングスクールが新体制へ

次の記事

SRS-K/Fの新体制、テーマは「世界で勝てるドライバーの育成」

SRS-K/Fの新体制、テーマは「世界で勝てるドライバーの育成」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース