F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

メルセデス提案の3台エントリーは受け入れられず? 実施は困難との声

シェア
コメント
メルセデス提案の3台エントリーは受け入れられず? 実施は困難との声
執筆:
2018/09/10 23:06

育成ドライバーのシート不足を解消するためメルセデスのウルフ代表が提案した3台エントリー制を、他チームの代表はあまり好意的に捉えてはいないようだ。

Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal
Claire Williams, Deputy Team Principal, Williams Martini Racing
Zak Brown, Executive Director, McLaren Technology Group

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、育成ドライバーのシートを見つけるという問題への解決策として、1チームが3台のマシンをエントリーする案を提唱しているが、ライバルチームの代表たちはあまり前向きではなさそうだ。

 ウルフは、メルセデス育成ドライバーのエステバン・オコン(現フォースインディア)と、現在F2参戦中のジョージ・ラッセルの来季シートを探すのに苦労している。

 イタリアGPの週末にウルフは、レッドブルにおけるトロロッソのように、2台体制の”ジュニアチーム”を作って支援するのではなく、ルーキードライバーのために3台目のマシンエントリーを許可する方が費用のかからない解決策だと提案していた。

 これについて、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「興味深い提案だ」とmotorsport.comに語った。

「しかし実際に3台のマシンを走らせるということについては、ピットストップなどのように、非常に難しいものがある」

「コンセプトは興味深いが、実際に行うとなるととてつもなく複雑だ。特に中団チームが満足するとは思えない」

 メルセデスやフェラーリ、レッドブルといったトップ3チーム以外が懸念しているのは、上位チームのマシンが増えることで7位を巡って争うのではなく、10位のわずか1ポイントを巡ってバトルをすることになるのではないかということだ。

 ウイリアムズの副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、この提案に反対だと認めた。

「私たちが3台目のエントリーに賛成することはありません」と彼女はmotorsport.comに語った。

「チーム間のコラボレーションはすでにありますし、彼らは3台目のマシンを導入しようとしています。終わりはどこにあるのでしょう? それは間違った方向への一歩です」

 またマクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、コンセプトに反対はしていないものの、実施は難しいと考えている。

「私は3台目のマシンのアイデアが好きだが、それをどうやって管理するんだ?」と彼はmotorsport.comに話した。

「グリッド上には余裕があると思うが、誰もがそれをできるわけではない。いくつかのレースならそれができるかもしれないが、平等で公正でなければならない」

次の記事
ドイツGP”支援”をF1から説得されたメルセデス「母国GPを開催し続けたい」

前の記事

ドイツGP”支援”をF1から説得されたメルセデス「母国GPを開催し続けたい」

次の記事

マクラーレン「”極めて競争力のない”マシンに奇跡は期待できない」と悲嘆

マクラーレン「”極めて競争力のない”マシンに奇跡は期待できない」と悲嘆
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper