ガスリー「日本GPへ向け良い弾みにしたい」とロシア好結果を期待

シェア
コメント
ガスリー「日本GPへ向け良い弾みにしたい」とロシア好結果を期待
2018/09/26 2:24

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、F1ロシアGPに向けたコメントを発表。鈴鹿での日本GPに向け、良い弾みにしたいと語った。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末のロシアGPに向け、意気込みを語った。

「僕はGP2で2度、ソチでのレースを戦った。2015年のレース1で2位になったんだ。でも、それは少し前の話だね。最後にソチを走ってから、もう3年になる」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそう語った。

「モスクワ・レースウェイは、フォーミュラ・ルノー2.0や、3.5で走ったことがある。その時には、赤の広場やその他の場所など、観光するチャンスがあったんだ。それはかなり印象的な経験だった。こう言うことは、この仕事をする上で素晴らしいことのひとつだ。この仕事をしていなかったのなら、見ることはなかったかもしれない世界の一部を、見ることができるんだから」

「ソチは冬季オリンピックの開催地でもあったから、比較的新しく、そして独特な場所だ。サーキットの外の雰囲気も独特だ。元のオリンピック村を除いて、ほとんど何もない」

「多くのコーナーの特性は、かなり似ている。でもサーキットの終盤は、かなりテクニカルになっている」

「ソチのサーキットは、僕らのマシンに合っているだろうか? 最近のレースは期待通りではなかったから、それを言うのは難しい。でも、ここで良い結果を残すことができれば、そのリザルトに満足できるというだけでなく、ホンダのホームレースである鈴鹿に向け、良い後押しになるだろうね」

次の F1 ニュース
ザウバー、ジョビナッツィ起用を正式発表。エリクソンはアンバサダーに

前の記事

ザウバー、ジョビナッツィ起用を正式発表。エリクソンはアンバサダーに

次の記事

若手ドライバー育成は諸刃の剣? ロズベルグ、オコンの状況を憂う

若手ドライバー育成は諸刃の剣? ロズベルグ、オコンの状況を憂う
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース