F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

F1、今季からファステストラップ記録のドライバーにポイント付与へ?

シェア
コメント
F1、今季からファステストラップ記録のドライバーにポイント付与へ?
執筆:
2019/03/08 11:27

FIAの世界モータースポーツ評議会は、今季から決勝レースで最速ラップを記録したドライバーに追加のポイントを与える計画を承認した。

 FIAの世界モータースポーツ評議会(WMSC)は、F1の決勝レースでファステストラップを記録したドライバーにポイントを与える計画を承認したようだ。F1コミッションでの電子投票でも承認されれば、2019シーズン開幕戦のオーストラリアGPからファステストラップの追加ポイントが導入されることになると考えられる。

 3月7日(木)に出されたWMSCの報告ではこの件については言及されていなかったが、すでにF1コミッションでの承認を得るのみという段階だと見られる。

 通常はF1コミッションを通過してから、WMSCでルール変更の承認が行われるのだが、今回のケースではこの手順が逆になっている。つまり、3月15日(金)からスタートするオーストラリアGPを前に競技規則が変更されるためには、F1コミッションによる電子投票をクリアする必要がある。

 なお、ファステストラップのポイント付与対象となるのは、トップ10でレースを終えたドライバーのみとなる模様。これは、ポイント圏外のドライバーがレース終盤にタイヤ交換を実施し、ノーリスクでアタックを行うことを防ぐためだ。

 F1では黎明期の1950年から1959年までファステストラップを記録したドライバーにポイントが与えられていた。特に1958年は、マイク・ホーソン(フェラーリ)が1ポイント差でスターリング・モス(ロブ・ウォーカー/クーパー)を破ってチャンピオンとなっており、ファステストラップがタイトル争いを大きく左右した。

 もし近代のF1においてファステストラップのボーナスポイントが設定されていた場合、フェリペ・マッサ(フェラーリ)がルイス・ハミルトン(マクラーレン)を逆転し、2008年のチャンピオンになっていただろう。

次の記事
今年のルノーは積極的に行く! シーズン中の開発方針を転換

前の記事

今年のルノーは積極的に行く! シーズン中の開発方針を転換

次の記事

女性参画、グローバル化……F1会長チェイス・キャリーが描く2019年の“優先事項”とは?

女性参画、グローバル化……F1会長チェイス・キャリーが描く2019年の“優先事項”とは?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper