ウェーバー、激しいF1タイトル争いを満喫。「ハミルトンとフェルスタッペンのライバル関係は素晴らしい」

元F1ドライバーのマーク・ウェーバーは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が繰り広げる激しいタイトル争いを楽しんでいるようだ。

ウェーバー、激しいF1タイトル争いを満喫。「ハミルトンとフェルスタッペンのライバル関係は素晴らしい」

 元F1ドライバーのマーク・ウェーバーは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のバトルを大いに楽しんでおり、ふたりのライバル関係やチーム間で高まっている緊張感をF1は受け入れるよう呼びかけている。

 F1第10戦イギリスGPのオープニングラップで、ハミルトンとフェルスタッペンが接触。フェルスタッペンは51Gの衝撃を受けてリタイア。ハミルトンは10秒のタイム加算ペナルティを受けたものの、逆転で勝利を収めた。

 これにレッドブル陣営は激怒し、ハミルトンを猛批判。さらにはクラッシュの再審査をFIAに申請した。

Read Also:

 27日(火)に行なわれたWシリーズのメディア取材会で、ウェーバーはふたりのライバル関係の激化を食い止めるために、F1が介入すべきかどうかを問われた。

 彼の答えは「ノー」であり、シーズンが進むにつれてより激しいアクションが見られることを期待しているという。

「それは素晴らしいことだ。まさに我々が望んでいたことだ」

 そうウェーバーは語った。

「これまでに見てきた中でも、最高のオープニングラップだったと思う。バルセロナやイモラ、バーレーンでホイール・トゥ・ホイールの見事なバトルが繰り広げられてきた。このような状況になることは誰もが予想していた。もっともっとやってほしい」

「シルバーストーンでのレースは、私がこれまでに観戦したグランプリの中でも特に素晴らしいものだった。決勝日には12万人のファンが集まり、2人の大物がフロントロウに並んだ」

「素晴らしい1周目だった。ブルックランズまではホイール・トゥ・ホイールで、コプスでルイスがトライしたが、それはうまくいかなかった」

 ハミルトンがイギリスGPで優勝し、フェルスタッペンがリタイヤしたことで、ポイント状況は一気に接近。フェルスタッペンのリードが8ポイントまで減少した。

 今週末のハンガリーGPに向けて、ウェバーは、フェルスタッペンにはマシンのアドバンテージがあるはずだが、ハミルトンは過去に競争力が劣るマシンでもハンガロリンクで勝てることを証明している、と語った。

「ルイスはブダペストでは魔法のような存在だと思う。彼はあのコースでは驚異的だ」

「マックスも良いとは思うけどね。レッドブルはあのコースでは強力だと思うので、マックスはレッドブル・リンクのような週末を過ごすことができるだろう。ルイスは彼にパンチを当てられないかもしれない」

「しかし、どうだろう。私が言ったように、ハミルトンはハンガロリンクで多くのレースに勝ってきたが、それはパフォーマンスの劣るマシンに乗ってそれを達成してきた。彼には勝つ権利がなかったのに、勝ってしまったレースがある。ハミルトンは再び最高の状態で臨む必要がある」

「フェルスタッペンは……ほら、彼はグラディエーターだからね。それこそが、我々が彼に期待していることだ。素晴らしい週末になるだろう」

 ウェーバーはまた、2021年のタイトルを巡って争う中で、さらなる接触が起きると示唆した。

「今や全てのレースが重要だ。必然的にふたりの間で、より多くの”カーボンファイバーが飛ぶ”ことになるだろう」

「しかし幸せだ。我々はそのためにこのスポーツを見ているんだ。最高のふたりが競い合うのだからね」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ウイリアムズの来季ドライバーラインアップはどうなる? ラッセル離脱でも多くの選択肢あり
前の記事

ウイリアムズの来季ドライバーラインアップはどうなる? ラッセル離脱でも多くの選択肢あり

次の記事

レッドブルが提出する”新証拠”が、フェルスタッペンvsハミルトンの事故に「新たな見方」をもたらす? マルコ博士自信

レッドブルが提出する”新証拠”が、フェルスタッペンvsハミルトンの事故に「新たな見方」をもたらす? マルコ博士自信
コメントを読み込む