シンガポールFP2:ライコネンが首位。ベッテル痛恨のクラッシュ

シェア
コメント
シンガポールFP2:ライコネンが首位。ベッテル痛恨のクラッシュ
執筆: 田中健一
2018/09/14 14:17

F1第15戦シンガポールGPのフリー走行2回目が行われ、来季ザウバーに移籍することが決まったばかりのキミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

 F1シンガポールGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。

 夜の帳が降り、シンガポールは闇に包まれた。しかしコースサイドの照明に火が入れられ、コースを明るく照らし出した。気温は29度と高めだが、太陽光がないため、路面温度は35度と低くなっている。

 このセッション最初にタイムを計測したのはハース勢。バルテリ・ボッタス(メルセデス)やザウバー勢がこれに続いた。

 そのボッタスはウルトラソフトタイヤを履いて1分41秒694を記録。ただ、フェラーリ勢もその後アタックし、キミ・ライコネンが1分41秒267を叩き出した。

 レッドブル勢、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、若干コースイン開始を遅らせた。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はアウトラップで若干白煙を吹き上げるシーンがあったが事なきを得てアタックラップを実施、フェラーリ勢を抜いて首位に立った。ただ、直後にハミルトンがこのセッションで初めて1分40秒台に入れ、首位に浮上。さらにベッテルも2度目のアタックながら1分40秒922を記録して首位を奪った。

 ハミルトンはクールダウンラップ走行中に、ターン14でオーバーランするシーンもあった。

 ウルトラソフトタイヤの持ちがいいのか、2度目、3度目のアタックでもタイムアップするマシンが散見された。特にライコネンは3度目のアタックで、一気に1分40秒510を出し、トップタイムを塗り替える。

 結局、各車1セット目のタイヤでのアタックを終えた時点で、ライコネン-フェルスタッペン-リカルド-ベッテルとトップ4をフェラーリとレッドブルが分け合う形となった。メルセデスはこれに一歩遅れた印象である。上位3チームに続く7番手には、レーシングポイント・フォースインディアのセルジオ・ペレスが入り、8番手にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が続いた。上位勢のほとんどがウルトラソフトを履いた中、アロンソはソフトタイヤでの走行だった。1セット目にハイパーソフトタイヤを履いたマシンはいなかった。

 残り1時間というところで、ハイパーソフトタイヤに履き替えるマシンが登場。このハイパーソフトが速かった。

 各車、自身のウルトラソフトタイヤのタイムを2秒前後更新。ハミルトンが1分38秒710を記録して首位に立つと、これをライコネンが僅差ながら1分38秒699で上回った。

 ここで振るわなかったのがレッドブル勢。ハイパーソフトタイヤを履いたものの、ウルトラソフトタイヤよりも1秒速いタイムしか記録することができなかった。またベッテルもセクター2までは首位と遜色ないタイムで走行したが、ターン21の出口で右リヤタイヤをウォールにヒット。そのまま走行を諦め、ピットに戻ってしまった。

 その後、各車がロングランのプログラムに移行。ほとんどのマシンがハイパーソフトタイヤを履き、タイヤのライフを確認した。その中で、ライコネンとハミルトンは、1分46秒フラット前後の同じようなラップタイム推移で走行。ただ、ハイパーソフトにはある程度のデグラデーションが発生している様子が見て取れた。

 またランス・ストロールの右リヤブレーキから出火するシーンもあり、ストロールはすぐさまピットに戻った。

 結局このフリー走行2回目は、ライコネンがトップタイムで幕。以下ハミルトン、フェルスタッペン、リカルド、ボッタスと続いた。トップ3チームの直後につけたのはルノーのカルロス・サインツJr.で、総合6番手。以下ロマン・グロージャン(ハース)、アロンソの順となった。

 ベッテルは結局マシンにダメージがあったようで、コースに復帰することができず、フェラーリはライコネンひとりにロングランのプログラムを託した。また、シンガポールでは活躍が期待されているトロロッソ・ホンダ勢は、ブレンドン・ハートレーが17番手、ピエール・ガスリーが18番手と下位に終わっている。

→FIA F1世界選手権第15戦シンガポールGPフリー走行2回目結果

次の F1 ニュース
シンガポールFP2速報:ライコネン首位。トロロッソのハートレー17番手

前の記事

シンガポールFP2速報:ライコネン首位。トロロッソのハートレー17番手

次の記事

【動画】F1第15戦シンガポールGPフリー走行2回目ハイライト

【動画】F1第15戦シンガポールGPフリー走行2回目ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
サブイベント 金曜日 フリー走行2回目
ドライバー キミ ライコネン 発売中
執筆者 田中健一
記事タイプ フリー走行レポート