ハートレー「シンガポールには大きな期待をしていただけに残念」

シェア
コメント
ハートレー「シンガポールには大きな期待をしていただけに残念」
2018/09/17 8:31

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1シンガポールGPを17位で完走。結局スターティンググリッドから、ポジションを上げることができなかった。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、シンガポールGPを17位で完走。結局スターティンググリッドから、ポジションを上げることができなかった。

「今日は時の運に任せ、早い段階でピットインすることを決めた」

 ハートレーはチームのプレスリリースにそう語った。

「僕らはハイパーソフトで、前を行くマシンよりも速かった。僕らはウルトラソフトタイヤに交換したけど、多くのライバルたちに前を押さえられ、トラフィックに捕まってしまった。だから、実際にはうまくいかなかった」

「僕らはもう1回ピットストップすることを決め、ウイリアムズの後ろについてしまった。そしてマグヌッセンに抜かれた。そこで少し混乱があったけど、今日はポイントを獲得できるペースはなかった」

 シンガポールでは、好結果が期待されていた。しかし終わってみれば、トロロッソは入賞を果たすことができなかった。

「シンガポールには大きな期待があったから残念だ。非常に厳しいレースだった。完走できたけど、お祝いすることはできないね」

 スタート時のタイヤにハイパーソフトを選んだ理由について、ハートレーは次のように語った。

「僕らは周りのマシンよりも、タイヤの寿命の面で良いことが分かっていた。だから、ハイパーソフトでスタートしたんだ。そして、1周目にポジションを上げられることも期待していた。(エステバン)オコンがクラッシュしたことで、それは難しかったが、ハイパーソフトを履いた最初のスティントでは、僕らにはとても競争力があった」

「ポジションを上げるために、何か違うことを試してみたけど、うまくいかなかった」

次の F1 ニュース
ガスリー、シンガポール入賞ならず「僕らには良いペースがなかった」

前の記事

ガスリー、シンガポール入賞ならず「僕らには良いペースがなかった」

次の記事

フォースインディア、再びペレス&オコンのバトルを禁止する方針へ

フォースインディア、再びペレス&オコンのバトルを禁止する方針へ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース