トロロッソ・ホンダ、楽観視していたシンガポールで、入賞に届かず

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、楽観視していたシンガポールで、入賞に届かず
2018/09/17 22:53

トロロッソ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストが、F1シンガポールGPの決勝結果を受け、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

 トロロッソ・ホンダは、シンガポールGPをピエール・ガスリー13位、ブレンドン・ハートレー17位で終えた。期待されていた入賞には、届かなかった。

「我々はシンガポールに、ポイントを獲得できると楽観視して到着した。なぜならここ数年、我々はここでかなり競争力を発揮してきたからだ」

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、チームのプレスリリースにそう語った。

「しかし、我々はトップ10でフィニッシュするだけのペースを見せられなかった。なぜ我々の期待した通りのパフォーマンスを発揮できなかったのか、そして次のレースに向けてパフォーマンスを上げるために何を変えなければいけないのか、分析する必要がある」

「ピエールは良いスタートを切り、ポジションを上げることができた。そしてピットストップまでそのポジションをうまく守った。ブレンドンもポジションを上げたが、ターン3で起きた事故を回避しなければいけなかった」

「レーススタート当初は、ピエールはトップ10に近づくことができると思っていた。しかし、レースが進むにつれてペースが上がらず、入賞にたどり着くことができなかったのだ」

次の F1 ニュース
フォースインディア、再びペレス&オコンのバトルを禁止する方針へ

前の記事

フォースインディア、再びペレス&オコンのバトルを禁止する方針へ

次の記事

ハミルトン、シンガポール完勝も慢心なし「全て勝つつもりで戦う」

ハミルトン、シンガポール完勝も慢心なし「全て勝つつもりで戦う」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース