ハッキネン、サウンド・オブ・エンジンで鈴鹿再登場

シェア
コメント
ハッキネン、サウンド・オブ・エンジンで鈴鹿再登場
執筆: 田中健一
2018/10/23 5:45

11月17日〜18日にかけて行われる鈴鹿サウンド・オブ・エンジンにミカ・ハッキネンが登場することになった。

 11月17日(土)と18日(日)に鈴鹿サーキットで行われる”RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018”。毎年恒例となったこのイベントに、1998年と1999年のF1王者であるミカ・ハッキネンが来場することとなった。

 ハッキネンは、先日同サーキットで行われたF1日本GPの際にも来場。自身が1998年にタイトルを獲得した時の愛車”マクラーレンMP4-13”のデモランを披露した。

 ハッキネンはF1日本GPを訪れた際、「日本のファンにもっと会いたい」と感じたといい、その想いが今回の再登場に繋がったという。

 残念ながら”RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018”でF1マシンに乗ることはないようだが、VIPスイート・プレミアムやGPスクエア等で行われるトークステージなどに出演する予定だ。

”RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018”では、1966年から85年までのノンターボ3リッターF1マシン20台によるレース『Masters Historic Formula 1 in JAPAN』や、往年のF1マシンがデモ走行を披露する『Legend of Formula 1』などが予定されている。

次の記事
メルセデスはたくさんの問題に見舞われていた? ハミルトンが示唆

前の記事

メルセデスはたくさんの問題に見舞われていた? ハミルトンが示唆

次の記事

開発の方向性見失っていたフェラーリ。ベッテル「目覚めるのが遅すぎた」

開発の方向性見失っていたフェラーリ。ベッテル「目覚めるのが遅すぎた」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース