”最高の夏休み”になったガスリー「チームのため、後半戦最善を尽くす」

シェア
コメント
”最高の夏休み”になったガスリー「チームのため、後半戦最善を尽くす」
2018/08/22 23:12

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、今週末に行われるベルギーGPに向け、意気込みを語った。

 今週末から始まる、F1の2018年シーズン後半戦。その初戦となるベルギーGPに向け、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、チームのプレスリリースに意気込みを語った。

「僕は家族や近しい友人たちと共に過ごし、休暇を楽しんだ」

 そう語るガスリーにとって、今年の夏休みは特別なモノとなった。来季のレッドブル・ホンダ昇格が決まったのだ。

「来年レッドブル・レーシングに昇格することが決まった時、僕の夏休みは、さらに良いモノとなった。ダニエル(リカルド)がチームを離れるというニュースを始めて知った時、僕は友人と休暇中だった。その数日後、僕はヘルムート(マルコ/レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー)から電話を受けた。彼は僕を起用することを決めたと話したんだ」

「僕はとてもハッピーだし、興奮している。2013年にレッドブルのプログラムに参加して以来、そこに行くのを夢見ていたんだからね。ダニエルがチームを離れるなんて思ってもみなかった」

 来季に期待しつつも、今季残り9戦に全力を尽くし、トロロッソに恩返ししたいとガスリーは語る。

「今年はまだ9レース残っている。だから、最終戦に向け集中していきたい。僕にF1での最初のチャンスをくれたトロロッソのために最善を尽くし、チームと一緒に高いところでフィニッシュしたいと思っている」

 ギリシャと母国フランスで休暇を過ごしたというガスリーだが、シーズン後半戦に向けてトレーニングも怠らなかったという。

「ギリシャに旅行した後、僕はフランスに戻り、休暇を楽しんだ。そしてシーズン後半に活躍するために、色々なことをした。サーフィンやウェイクボード、仲間とのサッカーなども含めてね。そして太陽と海も楽しんだ」

「ハンガリーGPのすぐ後には、何もしない日が何日かあった。でも、すぐにトレーニングをやり直した。最初はあまりハードなトレーニングじゃなかったけど、先週にはかなり集中してトレー二ングした。まだ9レース残っているから、可能な限りベストなコンディションで臨みたい」

 ベルギーGPの舞台であるスパ・フランコルシャンは、トロロッソ・ホンダにとっては苦戦する可能性が高いと言われているサーキットである。しかしガスリー個人にとっては、好きなサーキットのひとつであるという。

「スパは僕の好きなサーキットだ。素晴らしいコースだし、僕はこれまでどんなカテゴリーでも、ここでのドライビングを楽しんだ。非常に大きなダウンフォースを持っている今のF1マシンでそこに取り組むのを待ちきれない。とても速いだろうね」

「ここで最後にレースした2016年のGP2では勝ったし、フォーミュラ・ルノー3.5の時ももう少しで勝てそうだった。一般的に、僕はここではいつもうまくいったんだ」

「シミュレーターでスパを走ったけど、今週末は僕らには難しい週末になるかもしれない。しかし、僕らはいつものように、最高の力を尽くすつもりだ」

 3週間ぶりのグランプリを楽しみにしていると、ガスリーは語る。

「3週間ぶりにマシンに乗り、金曜日に走るのを楽しみにしている。休みの間も、レースのことをたくさん考えていたということを認めなきゃいけない。競争が恋しかった。だから休暇中に友達たちとやったことには、いつも何かしらの競争のような要素を入れようとしたんだ。競争は、僕を動かすモノだ。だから週末が始まるの熱望している」

次の F1 ニュース
リフレッシュしたハートレー「F1でスパを走るのが待ちきれない!」

前の記事

リフレッシュしたハートレー「F1でスパを走るのが待ちきれない!」

次の記事

「ホンダのリソースには誰も敵わない」大きな信頼を寄せるレッドブル

「ホンダのリソースには誰も敵わない」大きな信頼を寄せるレッドブル
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース