鈴鹿サーキット、F1日本GP概要を発表。ホンダ応援席1万席設定

シェア
コメント
鈴鹿サーキット、F1日本GP概要を発表。ホンダ応援席1万席設定
2019/03/02 5:11

鈴鹿サーキットが2019年のF1日本GPの開催概要を発表。ホンダ応援席1万席の設定、プラスチック製スペシャルチケットの継続&拡大が明らかになった。

 鈴鹿サーキットが、2019年のF1日本GPの開催概要およびチケットの詳細を発表した。

 今年、鈴鹿サーキットで31回目の開催を迎えるF1日本GP。ホンダ製パワーユニットがレッドブル&トロロッソの合計4台に搭載されることもあり、高い注目を集めることになると思われる。

 そのホンダ応援席が今年は拡大。2コーナー付近のC席全域が「Honda応援席」に指定されることになったという。その席数は合計10000席になるという。

 また、昨年実施されたプラスチック製チケットを今年も継続。選べるチケットのデザインが昨年はチームだけだったのに対して、ドライバー別のモノも用意される予定。その総数は70種類に拡大するという。また、連動企画も実施することになるとのことだ。

 さらに若いF1ファン向けチケット「U23」がV1、B2、Rの各スタンドに設定される。価格は1枚10000円となる。また3歳から中学生の子ども料金も3000円に据え置かれるという。

 F1日本GPの観戦チケットは、5月19日(日)10時に発売が開始される。

次の記事
ホンダF1、2チーム合計1768周を走破。田辺TD「開幕に向けて万全の準備を」

前の記事

ホンダF1、2チーム合計1768周を走破。田辺TD「開幕に向けて万全の準備を」

次の記事

90周の走行は無駄!? クビサ、ウイリアムズの予備パーツ不足を嘆く

90周の走行は無駄!? クビサ、ウイリアムズの予備パーツ不足を嘆く
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP チケット
Be first to get
breaking news