F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019

シェア
コメント
ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019
2019/12/16 11:25

2019年シーズンのF1では、ドライバーたちの喜びや悲しみ、怒り、困惑、そして声にならない声がチームラジオを通して世界中に発信された。今回はその中から特に印象的であったものをピックアップし、紹介する。

スライダー
リスト

どうだお前ら!(オーストラリアGP)

どうだお前ら!(オーストラリアGP)
1/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ボッタス「どうだ! ******みんなありがとう。フー!」
チーム「昨シーズンの借りを返したな!」
ボッタス「そうだね。(昨年)いろいろ言ってくれた皆さん……****ユー!」

こっちのセリフだ!(バーレーンGP)

こっちのセリフだ!(バーレーンGP)
2/13

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

チーム「フロントウイングの状態はどう?」
ライコネン「わからないよ、そっちが教えてよ!」
チーム「OK」

“親分”シュタイナー「黙っちゃおれん!」(カナダGP)

“親分”シュタイナー「黙っちゃおれん!」(カナダGP)
3/13

写真:: Joe Portlock / Motorsport Images

マグヌッセン「これまでレースカーに乗ってきた中で最悪の経験だ」
チーム「誰もこのペースには満足していないさ。みんな徹夜でマシンを修復したんだ」
マグヌッセン「ああ、それはわかってるけど……」
シュタイナー「我々にとってもこれは素晴らしい経験ではない。もう十分だろう。そのくらいにしておけ」

〜レース後〜

マグヌッセン「みんな、すまなかった。イライラしてるのは僕だけじゃなかったよね。ごめん」
チーム「わかったよ、ケビン。僕たちみんなで頑張っていこう」
マグヌッセン「あとガレージのみんなにも。本当に申し訳ない。いつものように素晴らしい仕事をしてくれた」

フェルスタッペン、ホンダに13年ぶりの勝利をもたらす!(オーストリアGP)

フェルスタッペン、ホンダに13年ぶりの勝利をもたらす!(オーストリアGP)
4/13

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

チーム「君が2年連続(優勝)だよ! 2年連続だ。間違いなくコース上で最強だった。最高だよ!」
フェルスタッペン「やったよみんな、よし! いやー……ハハハ。1周目が終わった時、誰がこうなると予想しただろうね! ハハ、みんな素晴らしい仕事をしたよ。確実に彼らを捉えはじめてる。素晴らしい週末だったよ!」

ステアリング“アツアツ”だけど大丈夫?(ハンガリーGP)

ステアリング“アツアツ”だけど大丈夫?(ハンガリーGP)
5/13

写真:: Sam Bloxham / Motorsport Images

ライコネン「大したことじゃないかもしれないけど(ステアリング)ホイールを直射日光に晒しておくのは良くないと思うよ。僕が持った時、沸騰したみたいに熱かったよ」

ハミルトンの圧巻の走りにウルフも危うく粗相?(ハンガリーGP)

ハミルトンの圧巻の走りにウルフも危うく粗相?(ハンガリーGP)
6/13

写真:: Sam Bloxham / Motorsport Images

チーム「ワオ! 何てドライブ、何て戦略だ! 今日みたいなレースは君じゃないとできないよ。素晴らしい仕事だった」
ボウルズ「ルイス、ジェームスだ。よくやった。素晴らしいドライブだった。本当に印象的だった。君の努力の賜物だ」
ハミルトン「ジェームズ、今週末は本当にありがとう。最後(のスティント)は大変だったけど、この(2ストップ)戦略を推し進めてくれて本当にありがとう。あと……この戦略を疑ってごめん。ハードルは高かったし、無理難題に近かったけど、素晴らしいことに僕たちは(この戦略を)やり遂げたんだ」
ボウルズ「君はよくやった。君ならやってくれると思っていたよ」
ハミルトン「フー! いやー、いい気分だ、とてもいい気分だよ! みんなも同じ気持ちだといいな」
ウルフ「ルイス、トトだ。(興奮しすぎて)危うく****を漏らすところだった(笑)。楽しんだよ。おめでとう」
ハミルトン「ハハハハ(笑)」
ウルフ「ポディウムで会おう」
ハミルトン 「パンツを掃除する羽目にならなくて良かったよ」
チーム「ああ、私もだ。ハハ」

※ウルフ……チーム代表、トト・ウルフ
※ボウルズ……チーフストラテジスト、ジェームス・ボウルズ

FMサインツ(ハンガリーGP)

FMサインツ(ハンガリーGP)
7/13

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

チーム「よくやったカルロス、P5だ。前回のレースは気分が良くなかっただろうから、今回はかなり気分良いんじゃない? レースを通して素晴らしい仕事だったよ」
サインツJr.「その通りだよ、イエス! バモス!(やった)」
チーム「バモス!」
サインツJr.「ハハ、楽しかったよ。みんなありがとう。素晴らしいシーズン前半戦をありがとう。あー、まだまだ走り続けるよ! よし! トム、こういうのを何て言うか知ってる? それはスムーースオペレターーー、スムーースオペレーショーーン」
チーム「カルロス、無線をチェックしてみて。何か怪しげな音楽チャンネルを拾っちゃってるんだけど…… 」
サインツJr.「ナーナナナナー……(少しボリュームを落として歌う)……こっちの方がまし?」
チーム「……かな?」

チームオーダーを巡って……(ロシアGP)

チームオーダーを巡って……(ロシアGP)
8/13

写真:: Jerry Andre / Motorsport Images

チーム→ルクレール「セバスチャンは、次の周に君を前に行かせる」
ベッテル「とにかく彼(ルクレール)を行かせるよ。でも、あと2周逃げてみるよ。何かあったら知らせてくれ」
チーム→ベッテル「シャルルを行かせよう」
ベッテル「彼に近付くように言ってくれ!」
ルクレール「僕を後ろにするんだね。僕は全てを尊重する。あとで話をするよ。でも、今の段階で差を埋めるのは難しい。明らかにね」
チーム→ベッテル「彼(ルクレール)はギャップを埋めようとしている。1.4秒後ろにいるから」
チーム→ベッテル「我々はプランCを検討している。シャルルは1.9秒後方だ」
チーム→ベッテル「君は今、コース上で最速のマシンだ。集中しよう。うまくやっているよ」
チーム→ルクレール「シャルル、もう少し後でポジションを入れ替える。でもルイス(ハミルトン)はちょっと近い。だから今、プッシュしたいんだ。レースに集中してくれ。よろしく」
ルクレール「僕は完全に理解している。僕はちゃんと彼にスリップストリームを使わせてあげたんだけどね、問題ないよ。レースの序盤にプッシュしようとしたことで、タイヤがオーバーヒートしてしまった。まあ、でも問題ないよ」

ノリス、寿司食わねえか?(ロシアGP)

ノリス、寿司食わねえか?(ロシアGP)
9/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

チーム「ランド、ラジオが終わりの方で途切れちゃってたよ。『日本でスシを食べるのが楽しみ』って言ってたように聞こえたけど……合ってる?」
ノリス「え〜と……。それはつまり……僕にお腹を壊して欲しいってことかな? 思いっきり! 思いっきりお腹壊して欲しいってこと? それでもいいなら食べるよ」

フェラーリまさかの同士討ち……(ブラジルGP)

フェラーリまさかの同士討ち……(ブラジルGP)
10/13

写真:: Jerry Andre / Motorsport Images

ベッテル「パンクした! 彼は何をやってるんだ?」
ルクレール「嘘だろ? 勘弁してくれよ!」
チーム「残念だ……」
ベッテル「なんてこった!!(ドイツ語で激昂)やってくれたな!」

来年こそ表彰台に!(ブラジルGP)

来年こそ表彰台に!(ブラジルGP)
11/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

アルボン「あとコーナー3つ分****待つべきだっただろ彼は……」
チーム「ああ、そうだね。残念だ。(モードを)Fail84に……」
アルボン「ああああ!!!」

〜レース後〜

チーム「君は今日素晴らしい仕事をしたよ」
ホーナー「ツイてなかったよアレックス。最後の最後でやられてしまったな」
アルボン「アアアア!! はあ……切り替えて次に行こう……嘘だろ? 正直訳わかんないよ……また後で確認しなきゃだけど……意味わかんないよ」
チーム「ああ、そうだね。今審議中になってる」
ホーナー「顔をあげてくれアレックス。君は素晴らしいレースをしたんだ」
アルボン「いやいやいや……アアア!……でもみんなありがとう。そして……とにかくおめでとう。マックスはよくやったと思う。あとトロロッソが2位になったことも良いことだね」

※ホーナー:レッドブルチーム代表、クリスチャン・ホーナー

苦しいシーズンを送ったガスリー、会心の走りで2位!(ブラジルGP)

苦しいシーズンを送ったガスリー、会心の走りで2位!(ブラジルGP)
12/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ガスリー「ウォーーー!!!! アアアーーーー!!!!」
チーム「P2、P2だよ」
ガスリー「ウォーーー!!!!」
チーム「ウォーフォー!!」
ガスリー「ウォーーー!!!!!! アアアアーーーー!!!!」
チーム「よくやったピエール」
ガスリー「ヤアアーーー! ワアア!!! 信じられないよ!……ハハ」
チーム「信じられないよ! なんて日だ! レジェンドドライバーのような走りだったよ。素晴らしい」
ガスリー「なんてこった! なんてこった……人生で最高の1日だよ」
チーム「すごいよ……」
ガスリー「みんな、ありがとう。本当にありがとう!!」
チーム「最高だな」
ガスリー「ああ最高だ! みんなも最高だ!! メルシー(ありがとう)」

泣いてんの〜??(アブダビGP)

泣いてんの〜??(アブダビGP)
13/13

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

ノリス「ジャーブ、僕は心の底から……君のしてくれた全てのことにありがとうを言いたいよ」
ジャービス「ありがとうね。僕は君とは違って口下手だけど、君は間違いなく最高のドライバーだ。ルーキーとは思えないほどの走りをしたし、そんな君とシーズンを過ごせたことも信じられないよ……」
ノリス「泣いてんの〜?? ハハハッ!(笑)……あ〜……ジャーブのやつ泣いてやんの……僕も泣いてるかも(泣)」

ジャービス……アンドリュー・ジャービス(このレース限りでチームを離れるレースエンジニア)

次の記事
F1プライベーター通信簿(1):マクラーレン|築き上げてきたモノを信頼できるか?

前の記事

F1プライベーター通信簿(1):マクラーレン|築き上げてきたモノを信頼できるか?

次の記事

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1