F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
24 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
38 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
53 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
66 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
80 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
87 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
101 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
108 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
122 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
136 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
143 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
157 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
171 days

テスト短縮でF1チームが直面する”プレッシャー”。マシンを止める余裕はない!

シェア
コメント
テスト短縮でF1チームが直面する”プレッシャー”。マシンを止める余裕はない!
執筆:
協力: Basile Davoine
2020/02/18 22:44

F1のプレシーズンテストが計8日から6日に短縮されるが、ロマン・グロージャンはチームにとって大きな変化となると語った。

 2020年のF1は、プレシーズンテストの日程が前年までの計8日間から計6日間に短縮される。ハースのロマン・グロージャンは、この変化はチームにとって大きな意味を持つと話した。

 今季は史上最多22戦で争われる予定となっているF1。コスト削減とスタッフの負担軽減のための取り組みの一環として、バルセロナで行なわれるプレシーズンテストが2日間短縮されることになった。

 昨年は苦しいシーズンを送ったハースは、テストで新車のデータをできる限り多く集めたいところだろう。グロージャンは今年のテストでマシンを止めている余裕はないと話した。

「これは大きな変化であり、大きな違いだ」と、グロージャンはmotorsport.comに語った。

「天気がどうなるかも分からないし、何かあればすぐに失われた1日となってしまう」

「昨年、僕たちは多くの電気系トラブルに見舞われた。単なるヒューズの問題だったんだけど、そのせいで僕たちは午前中ずっと走れなかった。今年は、そんなことをしている余裕はない」

「とにかくクルマを動かし続けなくちゃいけない。レースで何をするべきか知るために、あらゆる状況においてクルマをドライブし、少しでもプッシュする必要があるんだ」

 ルノーのエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、テストの日程が短縮されることから、予期せぬトラブルが起きる可能性を最小限に抑えることが重要だったと語った。

「テストは6日間しかないので、問題を発見したくはない」と、彼は説明した。

「エンジン面でもそれは同じだ。いずれにせよ厳しい。より多くのプレッシャーがかかる。これまでと同じ量のテストを行ない、エアロに関するデータやレースデータを集めたい。タイヤに関するあらゆるテストをしたいんだ」

「今年はシーズン中のテストもないので、(プレシーズンテストで)何ができるかが重要になってくる」

 テストの舞台となるカタルニア・サーキットでは、2月19日(水)からまず前半3日間の走行が行なわれる。ここでトラブルが起きたチームは、早々に頭を悩ませることになりそうだ。

Read Also:

次の記事
レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖。細部まで洗練されたデザイン

前の記事

レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖。細部まで洗練されたデザイン

次の記事

ルノーの問題は簡単じゃない……新テクニカルディレクターが就任も改善には時間も必要?

ルノーの問題は簡単じゃない……新テクニカルディレクターが就任も改善には時間も必要?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble