2021年のF1新規則、詳細は3月26日に明らかに? 各チームは早期の発表望む

シェア
コメント
2021年のF1新規則、詳細は3月26日に明らかに? 各チームは早期の発表望む
執筆:
2019/03/22 6:07

ハース代表のギュンター・シュタイナーは、将来の計画を立てるためには、各チームが2021年に施行される新規則を早く知る必要があると語る。

 F1は2021年に予算制限をはじめとする大規模な規則変更を予定している。しかし、その詳細は未だ明らかになっていないのが実状だ。

 F1の規則に関する議論、投票を行うストラテジーグループの会議が3月26日(火)にロンドンで行われることとなっている。ストラテジーグループはFIAと6つのF1チームによって構成されている。

 それに続いてF1コミッションの会議も開催される予定で、そこでも参加者による投票が行われる。

 FIA会長のジャン・トッドは、2021年の新規則に向けて”進展”があったと述べ、その詳細はこれらの会議で明らかになるだろうと語った。

 その会議の開催を前にして、ハース代表のギュンター・シュタイナーは「いろんな噂が飛び交っているから、その真相を明確にしたい」と語った。

「チェイス・キャリー(F1会長)は、我々に何かを発表する準備ができているようだ」

「我々はチーム同士で色々と話してはいるが、結局のところF1が何を考え出したのかはわからない」

 チームがマシン開発を始めるには規則を知る必要があるため、これらの発表を待たなければならないことにいらいらするかと尋ねられたシュタイナーは「“いらいらする”というのが適切な表現かはわからない」と答えた。

「将来どんなことが起こるのかを知っておく必要がある。そうでないとチームを運営していくことはできない」

「技術規則が決まらないことには開発を始めることができない。我々は少なくとも(2021年型マシンを発表する)18カ月前から取り組みたいが、今既に21カ月前にまで迫っている」

「時間はあまり残されていない。だから彼らは『何かを明らかにする必要がある』と言ったのだろう」

「ただ予算や技術規則、運営の問題など、多くの議題がある。これらが1回の会議で全て片付いたなら、それは良いことだ。そうなることを祈る」

 2021年からの共通ギヤボックス化に向けたメーカーの入札について、何か情報を聞かされているか尋ねられたシュタイナーは「それについては聞いているけど、まだ決定した訳ではないようだ」と答えた。

「パッケージは何も決まっていない。3月26日に何かを得られることを期待している」

次の記事
アルボンの堅実なデビュー戦に、トロロッソ高評価。今後の進歩にも期待

前の記事

アルボンの堅実なデビュー戦に、トロロッソ高評価。今後の進歩にも期待

次の記事

motorsport.com編集長日記:「お前ら、クソくらえだ!」

motorsport.com編集長日記:「お前ら、クソくらえだ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Adam Cooper
まずは最新ニュースを読む