F1、ジャンプスタートの取り締まりルール変更か? センサー未検出の問題受け話し合い進行

F1はジャンプスタートの取り締まり規則を一部変更することを話し合っており、早ければ第6戦マイアミGPから適用されることになるようだ。

Lewis Hamilton, Mercedes F1 W15, Lando Norris, McLaren MCL38, Fernando Alonso, Aston Martin AMR24, Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, the rest of the field at the start of the Sprint

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 F1は現在ジャンプスタートに関するレギュレーションの改訂について話し合いを進めており、今後早ければ第6戦マイアミGPから新しいルールが適用される可能性がある。

 現在F1は、マシンに搭載されたトランスポンダーによって動きを検出することで、ジャンプスタートを監視している。

 しかしこのシステムは完璧ではない。シグナルがブラックアウトする前にマシンが動いたように見えたとしても、トランスポンダーがそれを検知していなかったことでペナルティを科されない事例が何度かあった。

 直近では、2024年のサウジアラビアGPでのランド・ノリス(マクラーレン)の事例がそれにあたる。

 ノリスはシグナルが消える前に動いている様子が明らかに捉えられていたため、ジャンプスタートの疑いで審議対象となった。しかしこのときトランスポンダーはジャンプスタートを検出していなかったため、お咎め無しの裁定が下っている。

 当時の声明には次のように記されている。

「スチュワードはポジショニング/マーシャリングシステムデータ、ビデオ映像を検討し、ヴィデオはスタートシグナルの前に4号車(ノリス)が動いていることを示していると判断した」

「しかしながら、FIAが承認し供給してマシンに取り付けられているトランスポンダーは、ジャンプスタートを示していなかった」

「ジャンプスタートがあったかどうかの判断は、F1スポーティングレギュレーションの第48条1項a)では、トランスポンダーに従って行なわれると明記されている。しかしトランスポンダーは、ジャンプスタートを示していなかった。この状況では、我々はさらなる行動をとることはなかった」

Sir Lewis Hamilton, Mercedes F1 W15, leads Lando Norris, McLaren MCL38, Fernando Alonso, Aston Martin AMR24, Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, and the rest of the field at the start of the Sprint

Sir Lewis Hamilton, Mercedes F1 W15, leads Lando Norris, McLaren MCL38, Fernando Alonso, Aston Martin AMR24, Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, and the rest of the field at the start of the Sprint

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 こういった事例も出ている中、チームとFIAによる話し合いをきっかけとして、今後このルールに変更を加える可能性があると考えられている。つまりジャンプスタートの判断をトランスポンダーのみに頼るのではなく、レースコントロールがマシンが動いていることを明確に示している証拠を映像で認めた場合、ジャンプスタートがあったと認められるような方向を考慮しているということだ。

 F1委員会がルール変更を実施するかどうかはまだ不透明だが、早ければ第6戦マイアミGPからルールに調整が入る可能性がある。

 ただ情報筋によると、ジャンプスタートの判断が個人の主観に基づく問題になることを懸念するチームもあるため、全会一致で賛同されているわけではない模様。全ての動きをより適切に検出できるように、センサーの感度と精度を向上させることを重視すべきという提案もされているようだ。

 ジャンプスタートとトランスポンダーの未検出の問題は、この数年で何度か発生している。2020年ハンガリーGPにおけるバルテリ・ボッタスや、2019年日本GPのセバスチャン・ベッテルも、今年のノリス同様に処分を免れている。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 リカルドに次戦3グリッド降格ペナルティ。セーフティカー中にヒュルケンベルグをオーバーテイク……まさに泣きっ面に蜂
次の記事 中国GPで大苦戦のハミルトン。下位グリッドから追い上げ9位「人生でこれほどまでのアンダーステアを経験したのは初めてだった」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」

角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」

F1 F1
モナコGP
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選

3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選

F1 F1
モナコGP
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
F1モナコGP予選速報|好調ルクレール、母国で3度目となるポールポジション獲得。角田裕毅も輝き、8番手

F1モナコGP予選速報|好調ルクレール、母国で3度目となるポールポジション獲得。角田裕毅も輝き、8番手

F1 F1
モナコGP
F1モナコGP予選速報|好調ルクレール、母国で3度目となるポールポジション獲得。角田裕毅も輝き、8番手
トップ走行ライダーが3名転倒の珍スプリント……引退決断のエスパルガロが地元でポール・トゥ・ウィン|MotoGPカタルニアGP

トップ走行ライダーが3名転倒の珍スプリント……引退決断のエスパルガロが地元でポール・トゥ・ウィン|MotoGPカタルニアGP

MGP MotoGP
カタルニアGP
トップ走行ライダーが3名転倒の珍スプリント……引退決断のエスパルガロが地元でポール・トゥ・ウィン|MotoGPカタルニアGP

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本