F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
00 時間
:
29
:
40
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
22 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
35 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
56 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
112 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

前代未聞の“緊急事態”にF1会長「チームの承認を待たずにカレンダー再編を行なう」

シェア
コメント
前代未聞の“緊急事態”にF1会長「チームの承認を待たずにカレンダー再編を行なう」
執筆:
2020/03/20 1:33

F1のCEOであるチェイス・キャリーは「2020年シーズンが開幕できるように全力を尽くす」と語り、チームの正式な承認を待たずにリスケジュールを行なうことを認めた。

 2020年のF1世界選手権は、新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされている。開幕戦オーストラリアGPから第7戦モナコGPまでが中止または延期となっており、シーズン開幕が早くても6月のアゼルバイジャンGPまでずれ込んでいるのだ。

 上記7レースの中で正式に中止が発表されたのはモナコGPだけであり、その以外の6レースは、“中止”としてアナウンスされたオーストラリアGPも含め、代替日程が模索されている。

 F1の会長兼CEOであるチェイス・キャリー、F1のモータースポーツ部門のマネージングディレクターであるロス・ブラウン、FIA会長のジャン・トッド、そして各F1チームの代表は電話会談にてカレンダーの変更について議論した。ただキャリーは、チームの正式な承認を必要とせずにリスケジュールを行なうことで、F1側とFIA側に柔軟性を持たせるつもりであることを明かした。

 キャリーが発表した声明には次のように記されている。

「いくつかのレースが延期され、世界モータースポーツ評議会によってサマーブレイクの3月4月への移動が決まった今、我々とFIAは各チームと共に、COVID-19(新型コロナウイルス)の状況が改善された場合のリスケジュールにおいて、柔軟性が必要であることについて議論した」

「会議の中では、できるだけ多くのレースを可能な限り安全な形でリスケジュールすることが全面的に支持された。F1とFIAはチームと協議しながら改訂版の2020年レースカレンダーの作成に取り組んでいくが、今回の会議でも合意されたように、改訂版のカレンダーには彼ら(チーム)の正式な承認は必要ない」

「これにより、レースカレンダー再編のために必要な柔軟性が得られ、レースプロモーターと共に適切なタイミングでレースを始める準備ができる」

 さらにキャリーの声明は、2021年に導入予定であった新しい技術規則が2022年に延期されたことにも言及している。

「現在は財政状況が不安定だということもあり、2021年は2020年のシャシーを使用することで各チームと合意した。さらなるコンポーネントの凍結については、今後さらに議論される予定だ」

「2021年の財政レギュレーション導入に関しては、計画通りに進められる。我々は、世界情勢が落ち着いた際に2020年シーズンをすぐに始められるよう、全ての関係者が協調性を持って議論し、同じアプローチを採ってくれていることにとても感謝している」

「F1は2020年シーズンを開始するために全力を尽くす」

 

Read Also:

次の記事
伝統のF1モナコGPが苦渋の決断……主催者は「中止となり本当に申し訳ない」

前の記事

伝統のF1モナコGPが苦渋の決断……主催者は「中止となり本当に申し訳ない」

次の記事

フェラーリ代表、2021年”新レギュレーション”導入延期案支持の理由を説明

フェラーリ代表、2021年”新レギュレーション”導入延期案支持の理由を説明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper