ピレリ、ムジェロでF1タイヤテストを実施。初日はルクレールがフェラーリの今季マシン走らせる

ピレリは2025年シーズンに向けたスリックタイヤを開発するため、フェラーリと共にイタリアのムジェロ・サーキットでテストを実施。初日はシャルル・ルクレールがSF-24で集中的な作業プログラムを行なった。

Charles Leclerc, Ferrari SF-24

Charles Leclerc, Ferrari SF-24

写真:: Pirelli

 F1マシンがイタリアのムジェロ・サーキットに戻ってきた。とは言っても、今回はテストだ。

 F1のオフィシャルタイヤサプライヤーであるピレリは、2025年シーズンのタイヤコンパウンドを開発すべく、フェラーリ所有のムジェロでフェラーリと共にテストを実施している。

 タイヤテストはピレリがFIAと合意した計画に従っており、ムジェロはバルセロナ、ヘレス、鈴鹿、ポール・リカールに続く今季5回目のテストだ。このうちグランプリサーキットとして現行カレンダーに乗っているのはバルセロナと鈴鹿のみ。ムジェロは2020年にフェラーリ1000戦目としてトスカーナGPが初開催されて以降、F1サーカスは同地を訪れていない。

 カナダGPでは2台リタイアと散々だったフェラーリだが、次戦スペインGPを前にムジェロを来訪した。

 テスト初日となる6月13日(木)では、シャルル・ルクレールが今季のフェラーリSF-24をドライブ。2025年に向けて、異なるタイヤコンパウンドと構造の比較テストを実施した。

Charles Leclerc, Ferrari SF-24, Mugello Pirelli testing

Charles Leclerc, Ferrari SF-24, Mugello Pirelli testing

写真: Pirelli

 長いストレートと高速コーナーのシケインが組み合わされたムジェロの特殊なサーキット特性から、来季に向けて計画されているプロトタイプコンパウンドのうち、オーバーヒートを抑えることを主な戦略目標として、硬めのコンパウンドの開発に力が注がれた。

 初日午後には雨が降り、インターミディエイトタイヤが必要なコンディションとなった。前回のポール・リカールでのテストでは、ウエットコンディションを人工的に再現し、来季に向けたフルウエットタイヤとインターミディエイトタイヤの評価が実施されたが、ムジェロでもそのテストの続きが行なわれた。

 ルクレールは初日で120km(630km)を走破した。テスト2日目となる6月14日(金)にはチームメイトのカルロス・サインツJr.がテストを担当する。

 

前の記事 【英国F1レポーターが角田裕毅を分析】角田を起用しなかったのは、レッドブルにとっては大きな損失……でもRBにとっては最大の利益だ!
次の記事 ちょっと気が早すぎる!? ル・マン出場を望むフェルスタッペン、WEC複数チームからの「接触あった」と明かす

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本