テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

F1プレシーズンテストの後半2日目は午前のセッションが終了し、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイム。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手につけている。

テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれている2020年のF1プレシーズンテスト。後半2日目は午前のセッションを終えた段階で、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップにつけている。

 サーキットの路面は前日に降った雨の影響で濡れ、ダンプコンディションでテストはスタートした。開始直後は多くのチームが走行を控え、コースインしたチームもインターミディエイトタイヤで数周走るにとどまった。

 その後路面は徐々に乾いていき、ドライタイヤでコースに出るマシンが増えていったが、そんな中でレッドブルのマックス・フェルスタッペンがターン5でスピン。赤旗の原因を作ってしまった。

 セバスチャン・ベッテルがドライブするフェラーリは、終盤に最も柔らかいC5タイヤを投入。1分16秒841を記録して午前中のトップにつけた。

 2番手につけたのはレーシングポイントのランス・ストロール。C3タイヤを履いて1分17秒118をマークした。ウイリアムズはセッション終盤にC4タイヤを履いてタイムを出し、3番手となった。

 一方4番手に入ったランド・ノリス(マクラーレン)と5番手のフェルスタッペンは硬めのコンパウンドのタイヤを中心に周回を重ねた。特にフェルスタッペンはC3〜C5タイヤを一切使わず、31周を走行。ベストタイムは1分17秒738だった。

 6番手にバルテリ・ボッタス(メルセデス)、7番手にエステバン・オコン(ルノー)、そして8番手にケビン・マグヌッセン(ハース)が続いた。アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)はセッション序盤にクラッシュした影響で16周の走行にとどまり9番手だった。

 10番手にはアルファタウリのピエール・ガスリー。こちらもレッドブル同様硬めのタイヤを中心に周回を重ね、ベストタイムは1分22秒566だった。

 

Read Also:

F1プレシーズンテスト後半2日目:午前タイム結果

Pos Driver Car Time Gap Laps
1 Sebastian Vettel Ferrari 1m16.841s   49
2 Lance Stroll Racing Point 1m17.118s +0.277 30
3 Nicholas Latifi Williams 1m17.313s +0.472 43
4 Lando Norris McLaren 1m17.573s +0.732 43
5 Max Verstappen Red Bull 1m17.738s +0.897 31
6 Valtteri Bottas Mercedes 1m17.985s +1.144 47
7 Esteban Ocon Renault 1m18.013s +1.172 37
8 Kevin Magnussen Haas 1m18.225s +1.384 31
9 Antonio Giovinazzi Alfa Romeo 1m19.670s +2.829 16
10 Pierre Gasly AlphaTauri 1m22.566s +5.725 35

シェア
コメント
【初公開】F1オランダGPの舞台、ザントフールトのバンクがついに完成!

前の記事

【初公開】F1オランダGPの舞台、ザントフールトのバンクがついに完成!

次の記事

フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目

フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目
コメントを読み込む