F1合同テスト後半3日目午前:ルクレール1分16秒台! トロロッソ・ホンダ2番手につける

シェア
コメント
F1合同テスト後半3日目午前:ルクレール1分16秒台! トロロッソ・ホンダ2番手につける
2019/02/28 12:06

スペインのカタルニア・サーキットで行われているF1開幕前合同テスト。その後半スケジュールの3日目午前のセッションが行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

 カタルニア・サーキットで行われているF1合同テスト後半の3日目。その午前中のセッションが行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

 この日は、午前中から各車が最も柔らかいC5タイヤを履き、タイムアタックを実施。全体的にラップタイムが一気に短縮された。

 そんな中トップタイムをマークしたのは、フェラーリのルクレール。ルクレールのタイムは1分16秒231であり、昨年のスペインGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)が記録したポールポジションタイムまで、あと0.05秒差と迫った。

 2番手には、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。アルボンもC5タイヤを履き、1分16秒台に入った。

 3番手には、テスト後半初日・2日目とトップタイムを記録し続けてきたマクラーレン。この日はランド・ノリスがドライブしており、1分17秒フラットを記録している。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーも1分17秒0で4番手となった。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは5番手タイムだったが、71周を走行。以下レーシングポイントのランス・ストロール、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが続いた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは8番手だった。しかしハミルトンが履いたのは2番目に硬いC2タイヤ。しかも午前中だけで85周を走っており、その実力をまだまだ隠している……そんな印象だ。

 9番手にはウイリアムズのジョージ・ラッセル、10番手にはハースのケビン・マグヌッセンが続いた。

→F1バルセロナ合同テスト3日目午前タイム結果

次の記事
レギュラードライバーに悪いから……アロンソ、開幕前のテスト参加はなし

前の記事

レギュラードライバーに悪いから……アロンソ、開幕前のテスト参加はなし

次の記事

F1合同テスト後半3日目:ルクレール首位。レッドブルのガスリーが午後にクラッシュ!

F1合同テスト後半3日目:ルクレール首位。レッドブルのガスリーが午後にクラッシュ!
Load comments

この記事について

シリーズ F1
Be first to get
breaking news