角田裕毅は初日の午後に登場! バーレーンのF1プレシーズンテスト担当ドライバー情報

いよいよ始まるF1プレシーズンテスト。2021年シーズンが本格的にスタートするが、3日間のテストでどのドライバーがいつ走行するのかを簡単に紹介する。

角田裕毅は初日の午後に登場! バーレーンのF1プレシーズンテスト担当ドライバー情報

 F1の新シーズンに向けて、今季唯一となるプレシーズンテストが3月12日から14日間までの3日間、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれる。

 多くのチームがフィルミングデーを活用し、新車のシェイクダウンを終えているが、本格的に走行を行なうのはこれが初めてとなる。

 昨年とドライバーラインアップが同じチームは、メルセデスとアルファロメオ、ウイリアムズの3チームのみ。その他のチームではドライバーが新しいメンバーと仕事をし、新しい環境に慣れることになるため、このテストの重要性はかなり高いと言えるだろう。

 ほとんどのチームは、ふたりのレギュラードライバーが3日間のテストをそれぞれ1日半ずつ担当する予定となっているが、ウイリアムズはすでに、開発ドライバーのロイ・ニッサニーがテスト初日を担当すると認めている。そのため、ニコラス・ラティフィがテスト2日目、ジョージ・ラッセルがテスト3日目に走ることになる。

 また、走行を担当するドライバーを午前と午後で変えるチームもあり、アルファタウリもそのひとつ。7年ぶりの日本人F1ドライバーとして注目されている角田裕毅は、テスト初日の午後に初登場。2日目は午前、テスト3日目は午後を担当する予定だ。

 一方、レッドブルは初日をマックス・フェルスタッペンが担当。2日目はセルジオ・ペレスが走行する。テスト最終日は午前にペレス、午後にフェルスタッペンがドライブする予定となっている。

 各チームの走行予定は次の通りだ。

バーレーンF1プレシーズンテスト 担当ドライバーリスト

  12日(金) 13日(土) 14日(日)
メルセデス

Finland バルテリ・ボッタス (AM)

United Kingdom ルイス・ハミルトン (PM)

United Kingdom ルイス・ハミルトン (AM)

Finland バルテリ・ボッタス (PM)

Finland バルテリ・ボッタス (AM)

United Kingdom ルイス・ハミルトン (PM)

レッドブル Netherlands マックス・フェルスタッペン Mexico セルジオ・ペレス Mexico セルジオ・ペレス (AM)
Netherlands マックス・フェルスタッペン (PM)
マクラーレン

Australia ダニエル・リカルド (AM)
United Kingdom ランド・ノリス (PM)

Australia ダニエル・リカルド (AM)
United Kingdom ランド・ノリス (PM)

United Kingdom ランド・ノリス (AM)

Australia ダニエル・リカルド (PM)

アストンマーチン

Germany セバスチャン・ベッテル (AM)

Canada ランス・ストロール (PM)

Germany セバスチャン・ベッテル(AM)

Canada ランス・ストロール (PM)

Canada ランス・ストロール (AM)

Germany セバスチャン・ベッテル (PM)

アルピーヌ France エステバン・オコン Spain フェルナンド・アロンソ

France エステバン・オコン (AM)

Spain フェルナンド・アロンソ (PM)

フェラーリ

Monaco シャルル・レクレール (AM)

Spain カルロス・サインツJr. (PM)

未発表

未発表

アルファタウリ

France ピエール・ガスリー (AM)

Japan 角田裕毅 (PM)

Japan 角田裕毅 (AM)

France ピエール・ガスリー (PM)

France ピエール・ガスリー (AM)

Japan 角田裕毅 (PM)

アルファロメオ

Finland キミ・ライコネン (AM)

Italy アントニオ・ジョビナッツィ (PM)

Italy アントニオ・ジョビナッツィ

Finland キミ・ライコネン

ハース

Germany ミック・シューマッハー (AM)

Russian Federation ニキータ・マゼピン (PM)

Russian Federation ニキータ・マゼピン (AM)
Germany ミック・シューマッハー (PM)

Germany ミック・シューマッハー (AM)

Russian Federation ニキータ・マゼピン (PM)

ウイリアムズ

Israel ロイ・ニッサニー

Canada ニコラス・ラティフィ United Kingdom ジョージ・ラッセル

 今季は新型コロナウイルスの影響もあって、3日間に短縮されている。これは新車に発生する可能性のある問題を解決し、パフォーマンスを上げるためのセットアップを探る時間が限られているということを意味する。

 プレシーズンテストがバルセロナで行なわれていた時と同じく、一日の走行時間は計8時間確保されている。走行は現地時間10時(日本時間16時)から4時間、15時(日本時間21時)から4時間の2セッションに分かれている。

 バーレーンの日没時間は17時45分ごろであるため、グランプリでも使用されている照明装置で、コースが明るく保たれる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
ダウンフォース”10%削減”レギュレーション……対策できたかは実際に走るまで分からない??

前の記事

ダウンフォース”10%削減”レギュレーション……対策できたかは実際に走るまで分からない??

次の記事

メルセデス、F1テスト開始早々に問題発生。ギヤボックスで走行時間をロス

メルセデス、F1テスト開始早々に問題発生。ギヤボックスで走行時間をロス
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith