F1・ザ・ルーツ:緑から始まり、一周回ってまた緑に……2023年、躍進が期待されるアストンマーチンの原点

2023年、新ファクトリーが稼働を開始するなど躍進が期待されるアストンマーチンF1。そのルーツを辿ると、使うエンジンや国籍などが二転三転してきたことが分かる。

Andrea de Cesaris, Jordan 191

 2022年のF1でコンストラクターズランキング7位となったアストンマーチン。シーズンが進むに連れて戦闘力を増していったこと、そしてファクトリーの拡充が進められていることを考えると、2023年、そして今後最も大きな伸び代があるのは、このアストンマーチンなのではないかという気もしてくる。2023年には、セバスチャン・ベッテルの後任としてフェルナンド・アロンソが加入。これも、大きな武器となるだろう。

 ただこのアストンマーチンも、チームの立ち上げから今日までの間に、様々な紆余曲折を経験してきた。

 イギリスF3や国際F3000に参戦していたエディ・ジョーダン・レーシング。マーティン・ブランドルやジョニー・ハーバート、ジャン・アレジなど、後にF1ドライバーとなる新進気鋭の才能を多数起用し、成功を収めた。そのエディ・ジョーダン・レーシングを母体として1991年のF1に打って出たのが、ジョーダン・レーシングだった。

Michael Schumacher, Jordan 191 Ford

Michael Schumacher, Jordan 191 Ford

Photo by: Ercole Colombo

 真緑に塗られ、7upや富士フィルムなどのスポンサーロゴを纏い、フォードHB V8エンジンを搭載した最初の1台、ジョーダン『191』は、デビューイヤーにも関わらず高いパフォーマンスを発揮。アンドレア・デ・チェザリスとベルトラン・ガショーのコンビでポイントを着実に獲得していった。ベルギーGPでは、傷害事件を起こして逮捕されたガショーの代役として、ミハエル・シューマッハーがF1デビューを果たした。

関連ニュース:

 この年のジョーダンは結局13ポイントを獲得。ホンダV10エンジンを使ったティレルを1ポイント差で抑え、ビッグ4チーム(マクラーレン、ウイリアムズ、フェラーリ、ベネトン)に次ぐランキング5位と、1年目から上々の成績を収めることになった。

 しかし翌年は苦戦。フォードHBに代わってヤマハのV12エンジンを手にしたが、獲得ポイントは僅か1点止まりとなり、同年限りでヤマハとの契約も終了となった。

 翌年からはハートV8エンジンを使用。その1年目は振るわなかったが、1994年には参戦2年目のルーベンス・バリチェロと共に躍進し、初表彰台(パシフィックGP)と初ポールポジション(ベルギーGP)を獲得。ランキング5位に復帰した。

 1995年からはプジョーと契約し、待望のワークスエンジンを手にする。表彰台は獲得できるようにはなったがそれが精一杯で、優勝には手が届かなかった。

Heinz-Harald Frentzen, Jordan 199 Mugen Honda

Heinz-Harald Frentzen, Jordan 199 Mugen Honda

Photo by: Motorsport Images

 しかし1998年、無限ホンダV10エンジンを手にすると戦闘力が向上。同年にチームに加入したチャンピオン経験者、デイモン・ヒルの手により、ベルギーGPでチーム初優勝を手にすることになった。翌1999年にはさらに躍進し、新加入のハインツ-ハラルト・フレンツェンが2勝を挙げるなどタイトル争いに絡む活躍。最終的にチャンピオンになることはできなかったが、コンストラクターズランキング3位を獲得するに至った。

 ただこの年を境にチームは徐々に減速。2001年からはホンダエンジンを獲得したが、徐々に資金難に陥っていく。2002年には佐藤琢磨がこのジョーダンからデビューしている。

 この2002年限りでホンダエンジンを失ったジョーダンは、コスワースエンジンに変更。ジャンカルロ・フィジケラが、悪天候により荒れに荒れたブラジルGPを制するも、ランキング9位。そして2005年には、ミッドランドに買収され、ジョーダンの歴史は幕を閉じることになった。

 2005年はミッドランドがオーナーとなったが、チームの名称はジョーダンのままで、トヨタエンジンを搭載するも成績は低迷。ミシュランタイヤ勢が全車棄権し、6台のみの走行となったアメリカGPで3位表彰台を獲得するなどした。

 ここからが怒涛の展開となる。

Tiago Monteiro, Spyker Midland MF1 M16

Tiago Monteiro, Spyker Midland MF1 M16

Photo by: Motorsport Images

 2006年はミッドランド(MF1)としての参戦となったが、マシンはほぼ前年のままであり、無得点。そして翌年からは再び買収されスパイカーとなった。

Markus Winkelhock, Spyker F8 VII

Markus Winkelhock, Spyker F8 VII

Photo by: Sutton Images

 スパイカーは、オランダのスーパーカーメーカー。マイク・ガスコインやジェームス・キーといった有能な技術メンバーが揃ったが、マシンはやはり前年のモノとは大きくは変わらず、エイドリアン・スーティルが日本GPで唯一ポイントを獲得するに留まった。なお突然の豪雨に見舞われたヨーロッパGPでは、マーカス・ヴィンケルホックの手によってラップリードを記録している。また元F1ドライバーで現在は衆議院議員を務める山本左近も、この年はスパイカーから終盤7戦に出走している。

 このスパイカーも1年限り。2008年からはインドの実業家であるビジェイ・マリヤがオーナーとなり、フォースインディアとして再スタートを切った。体制発表もインドで行なわれるなど、インド色を前面に押し出す格好となった。

Giancarlo Fisichella, Force India F1 VJM02 leads behind the Safety Car

Giancarlo Fisichella, Force India F1 VJM02 leads behind the Safety Car

Photo by: Sutton Images

 参戦2年目となる2009年のベルギーGPでは、その圧倒的なまでの直線スピードを活かしてフィジケラがポールポジションを獲得。決勝でもフェラーリのキミ・ライコネンと抜きつ抜かれるの激戦を展開した。最終的には敗れはしたものの、実力で優勝を争ってみせたのだ。続くイタリアGPでも、やはり最高速を活かしてスーティルが4位入賞を果たしている。

 その翌年からは、最高速だけではなく、バランスに優れたマシンになったことで安定してポイントを獲得できるチームへと成長を遂げた。そこから5年はランキング6位と7位を行ったり来たり。そして2015年にランキング5位、2016年と2017年にはランキング4位となった。特に2017年は、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンのコンビで、20戦中35回の入賞を記録するなど、脅威の安定性を発揮した。

 2018年も、第4戦アゼルバイジャンGPでペレスが3位表彰台を手にするなど、まずまずの滑り出しを見せた。しかしチームは裏で資金難に陥っていた。そして破産手続きを開始したことが明るみに出ると、カナダの投資家であるローレンス・ストロールらがチームを買収。夏休み期間を経て、ベルギーGPからはレーシングポイントとしての参戦をスタートさせた。

Sergio Perez, Racing Point RP20, 1st position, takes victory

Sergio Perez, Racing Point RP20, 1st position, takes victory

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

 2019年はランキング7位となったが、新型コロナウイルスの影響により変則的なシーズンとなった2020年に大躍進。ペレスによるサクヒールGP優勝を含む合計4回の表彰台を獲得し、ランキング4位となった。ペレスのチームメイトであるランス・ストロールも、トルコGPでポールポジションを獲得する活躍を見せた。

 ローレンス・ストロールはこの間に、イギリスの自動車メーカーであるアストンマーチンを買収。2021年からはこのレーシングポイントも、アストンマーチンF1へと名称を変更した。

Sebastian Vettel, Aston Martin AMR22

Sebastian Vettel, Aston Martin AMR22

Photo by: Erik Junius

 アストンマーチンは1959〜1960年にもF1に参戦していたことはあるが、これが復活する格好となった。そしてチームにはペレスの後任として、チャンピオン経験者であるセバスチャン・ベッテルが加入。アゼルバイジャンGPで2位を手にしている。

 そして新レギュレーションが導入された2022年、シーズン序盤は苦戦を強いられたものの、マシンにアップデートが投入されると徐々に戦闘力が向上し、結局はランキング6位のアルファロメオと同ポイントで、上位入賞回数の差によりランキング7位となった。ただ、シーズン後半だけ見れば、アストンマーチンの方が圧倒的に高いパフォーマンスを発揮していたと言えよう。

 ローレンス・ストロールはチームに積極的に投資を行ない、ジョーダン創業時から使ってきた手狭なファクトリーを一新。隣接する土地に巨大なファクトリーを作り上げ、2023年から稼働を開始する予定である。また2024年には、新しい風洞も始動する予定……まさにチームは充実期を迎えようとしている。ベッテルは引退したが、後任にはアロンソが加入するなど、ドライバーラインアップも力強い。今後が楽しみな存在だと言えるだろう。

 あとアストンマーチンに足りないもの……それはワークスのパワーユニットだろう。もし何らかの形でワークス体制のパワーユニットを手にできれば、さらなる躍進を遂げるのは必至である。

■ジョーダン:1991年〜2005年
エンジン:フォード(1991年)→ヤマハ(1992年)→ハート(1993〜1994年)→プジョー(1995年〜1997年)→無限ホンダ(1998年〜2002年)→フォード(2003年〜2004年)→トヨタ(2005年)
主なドライバー:ベルトラン・ガショー、アンドレア・デ・チェザリス、ミハエル・シューマッハー、ルーベンス・バリチェロ、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハー、ハインツ-ハラルト・フレンツェン、ジャンカルロ・フィジケラ、ヤルノ・トゥルーリ、ジャン・アレジ、佐藤琢磨

■ミッドランド:2006年
エンジン:トヨタ(2006年)
主なドライバー:ティアゴ・モンテイロ、クリスチャン・アルバース

■スパイカー:2007年
エンジン:フェラーリ(2007年)
主なドライバー:エイドリアン・スーティル、クリスチャン・アルバース、山本左近、マーカス・ヴィンケルホック

■フォースインディア:2008年〜2018年
エンジン:フェラーリ(2008年)→メルセデス(2009年〜2018年)
主なドライバー:エイドリアン・スーティル、ジャンカルロ・フィジケラ、ビタントニオ・リウッツィ、ポール・ディ・レスタ、ニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス、エステバン・オコン

■レーシングポイント:2018年〜2020年
エンジン:メルセデス(2018年〜2020年)
主なドライバー:セルジオ・ペレス、ランス・ストロール、エステバン・オコン、ニコ・ヒュルケンベルグ

■アストンマーチン:2021年〜
エンジン:メルセデス(2021年〜)
主なドライバー:セバスチャン・ベッテル、ランス・ストロール、フェルナンド・アロンソ

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 コミュ力の高さがF1チームの底力を引き出す? ウイリアムズのアルボン「厳しい言葉ではベストを引き出せない」
次の記事 フェラーリの“Bチーム”と揶揄されてきたハース、もう批判の声は聞き飽きた? シュタイナー代表「どうでもいい」と意に介さず

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本