F1のTV中継を改革。カメラ配置見直しと機械学習を活用

シェア
コメント
F1のTV中継を改革。カメラ配置見直しと機械学習を活用
執筆:
2019/02/02 3:05

F1中継は視聴者によりスピードが伝わるように、トラックサイドのTVカメラ位置を調整するようだ。

 F1はTV視聴者に対してマシンのスピードがより伝わるよう、撮影用カメラの設置位置の変更を考えているようだ。

 このアイデアは現在のF1マシンを、以前より“カッコよく”見せるためのものだ。

「このスポーツ、ひいてはF1マシンのスピードを反映することは2019年に向けた大きなアピールポイントだ」

 F1のTV・メディア責任者のディーン・ロックはmotorsport.comにそう語った。

「全てのカメラ位置に関して再考している。もしあなたがグランドスタンドでF1を観戦したなら、スピードは信じられないほど速く感じられるはずだ」

「カメラアングルやレンズはそれをかなり誤魔化して、マシンのスピードをそれほど速くないように見せてしまう」

「だから、我々は異なる方法を考え、いくつかのアイデアを思いついた。速さを見せるためのホイップパン撮影(素早く横方向にカメラを動かして撮影する手法)が得意だったが、もう少しエッジを効かせるんだ」

「昨年はいくつかのトラック、例えば鈴鹿サーキットでは、いくつかのマシンが非常に映えるハイライトも有った」

 F1はパワーユニットの音の改善についても継続して取り組んでいる。エンジン音は2014年にV6ターボエンジン+ハイブリッドシステムのパワーユニットが導入されて以来の問題だった。

「サウンドは素早く、劇的に変わっていった。我々はマシンに試みを行っている。2018年は多くの考えを試してきたが、2019年はさらに多くの対策を行っていくだろう」

「それは成功した。昨年のホンダ製パワーユニットは非常に良いサウンドを出していた。とてもワクワクする事が出来たんだ」

 2019年の開発のもうひとつの重要な領域は、アマゾンウェブサービス(AWS)との提携だ。AWSによってF1はTVグラフィックに戦略的な要素を加えることができる。

「我々はAWSというプラットフォームを使って、データ、情報、グラフィックを得ている。AWSの機械学習の力によってアンダーカットやオーバーカットのようなことを明らかにすること等、多くのことに取り組んでいるんだ」

「AWSは非常に強力なツールだ。AWSで何ができて、何ができないのか? 我々はそれを使用し始めたところなんだ」

「例えばピットストップ戦略だ。なぜこのタイミングでピットインするのか? なぜしないのか? それを説明するために、幸運なことだが、イギリスでは優れた解説チームを持っている。しかし、他国や90以上の放送局にもそれが当然のようにあるとは限らない」

「我々には確実に説明できるグラフィックがあるんだ。“彼はこのタイヤでスタートしたから、そろそろ止まるだろう”と予想するようにね。実際には、バーチャルセーフティーカーが発動されれば投げ捨てられるような、とても流動的なものだが……」

「我々は金曜日から土曜日の全てのデータを使用して、これから起こると考えられるアルゴリズムを見つけることができる。読みやすく、シンプルに説明できれば、それは大きな勝利だ」

次の記事
英国F1ルーキーの高い壁? スチュワート「”幸運”ハミルトンを参考にするな!」

前の記事

英国F1ルーキーの高い壁? スチュワート「”幸運”ハミルトンを参考にするな!」

次の記事

昨年未勝利のボッタス、多くの〝ポジティブ〟を見出し今季に自信

昨年未勝利のボッタス、多くの〝ポジティブ〟を見出し今季に自信
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper