F1ラスベガスGP、2023年からの開催決定! 土曜ナイトレースで、F1マシンがカジノ街を駆ける

F1は、2023年からラスベガスGPを開催すると発表。土曜夜にストリートコースで決勝レースが行なわれることになる。

Track Map (1)

 F1は2023年からラスベガスGPを開催すると発表。ラスベガスの象徴的なスポットを組み込んだ、ストリートコースで土曜夜に決勝レースが行なわれる予定だ。

 F1は以前から、ラスベガスでのグランプリ開催の可能性についてプロモーターと話し合いを続けてきたが、このレースが2023年からカレンダーに加わることが確認された。

 F1は今季から、マイアミGPを開催。2012年からはオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズでアメリカGPを開催しているため、アメリカでのレースはラスベガスGPで3レース目となる。急速に高まっているアメリカでのF1人気を反映した形だ。

 F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、「これはF1にとって信じられない瞬間であり、アメリカでの3戦目のグランプリ開催はF1の大きな魅力と成長を証明するものだ」と述べた。

「ラスベガスは、その興奮とホスピタリティ、スリル、そしてもちろん有名なカジノ街で世界中に知られている観光地だ。F1にとって、世界的なエンターテインメントの中心地であるラスベガスほど良い場所はなく、来年ここに来るのが待ちきれない」

Las Vegas 2023

Las Vegas 2023

Photo by: Liberty Media

 F1は1981年および1982年にラスベガスGPを開催しているが、この際はラスベガスのホテル、シーザーズ・パレスの巨大駐車場に作られた急造コースでのレースで、ファンからの批判も多く、観客動員も伸びなかった。

 今回のラスベガスGPは、1周3.8マイル(約6.1km)、14のコーナーと長いストレートを持つストリートサーキットでの開催となる。マシンは時速210マイル(約338km)を超えるスピードに達するという。

 レースの時間も、アメリカの視聴者にとってゴールデンタイムとなる土曜夜に設定。ラスベガス周辺の多くのカジノやリゾート、ラスベガス観光局とともにレースのプロモーションが行なわれていく予定だという。

 ラスベガス観光局(LVCVA)のプレジデントであるスティーブ・ヒルは、次のように語った。

「F1の歴史、エネルギー、勢いを感じられる瞬間を心待ちにしている。そしてそれは、ラスベガスでの忘れられない夜に最高潮に達するだろう」

「観客は、世界で最も象徴的なレーストラックになることが確実な場所で、ワールドクラスのドライバーたちのレースを見ることで、比類なきスリルを味わうことができるだろう」

「F1とリバティ・メディアは素晴らしいパートナーであり、我々は2023年の11月に、ラスベガスが”地球上で最も偉大なアリーナ”であることを再び示すことを楽しみにしている」

 2023年はラスベガスGPが初開催されるだけでなく、サッカーW杯の影響で2022年は開催がないカタールGPもカレンダーに復帰。さらに2019年を最後に開催されていない中国GPも、開催契約は結んでいる状態だ。

 ドメニカリは先日、F1は毎年30レースを開催できるだけの関心を集めていると語っていたが、コンコルド協定によって1シーズンのレース数は24戦までに制限されている。

 つまり、一部のレースはカレンダー脱落の危機に陥っているわけだ。そのためF1は、開催レースをローテーションし、バランスを取る可能性がある。

Las Vegas track action
Las Vegas track action
Las Vegas track action
3
 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1 CEO、アンドレッティの参戦に消極的? 「新規チームよりも競争の激しいグリッドの方がファンには大事」
次の記事 好調フェラーリ、今季タイトル獲得が見えた? 「ルクレールの走りは世界王者レベル」とチーム代表

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本