F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
24 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
31 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
45 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
59 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
66 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
80 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
87 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
101 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
115 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
143 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
150 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
164 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
171 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
185 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
199 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
206 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
220 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
234 days

トロロッソ・ホンダも2020年ドライバー発表。ガスリーとクビアトを継続起用

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダも2020年ドライバー発表。ガスリーとクビアトを継続起用
2019/11/12 10:41

トロロッソ・ホンダは2020年も引き続き、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのラインアップでF1を戦うことを明らかにした。

 トロロッソ・ホンダは2019年シーズンのサマーブレイク明けのラインアップを継続し、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのコンビで2020年のF1に参戦する。

 アレクサンダー・アルボンのレッドブル残留が発表されたのと時をほぼ同じくして、トロロッソもドライバーラインアップ継続のリリースを発表した。

 2019年シーズン開幕当初はレッドブルにマックス・フェルスタッペンとガスリー、トロロッソにアルボンとクビアトという布陣だった”レッドブル”系チーム。しかしガスリーの成績が思わしくないこともあり、夏休み明けの第13戦ベルギーGPでガスリーとアルボンが“トレード”される形となった。

 ただ古巣トロロッソに戻ったガスリーは復調。コンスタントに入賞を重ねており、ポテンシャルを遺憾なく発揮している。1年のブランクを経てF1に復帰したクビアトも、ドイツGPで3位表彰台を獲得するなど、印象的な走りを随所で見せている。

 ガスリーはトロロッソ残留に際して次のようにコメントした。

「2020年も継続してこのチームから参戦できることを嬉しく思う。僕たちにはエキサイティングな挑戦が待ち受けていると確信している」

「トロロッソは常に最高のチャンスを与えてくれる。だから僕はチームに結果で恩返しをするためにとてもやる気になっている」

「僕たちは年々改善を続けており、この旅に参加し続けられるのは素晴らしいことだ。2020年、チームと共に様々なことを成し遂げられるのを楽しみにしている」

 クビアトもリリースの中で、チームに残留する喜びを語った。

「2020年にチームに残れるのは素晴らしいことだ。チームにいる全員にとても満足しているし、チームのことをよく分かっている。彼らも僕のことをよく知っているんだ。だからみんなのニーズを簡単に理解できる」

「僕たちは、今年のドイツGPでの表彰台のように、共に素晴らしいことを成し遂げてきた。来年もこのチームのために、非常に力強いシーズンを送りたいと思っている」

「F1参戦を続ける機会を得られたことに感謝し、来年最高のパフォーマンスを発揮するために全力を尽くす。よりエキサイティングな時間をチームと共に過ごすことを楽しみにしている」

 またチーム代表のフランツ・トストは、ふたりのドライバーに対して絶大な信頼を置いていることに言及した。

「来シーズンに向けてピエールとダニエルをチームに留めることができて嬉しい」

「どちらも本当に良いパフォーマンスを見せている上に、マシンのポテンシャルを引き出し、貴重なフィードバックができることを証明している」

「若くて経験豊富なこのコンビと、競争力のあるマシンの組み合わせが、2020年に素晴らしいシーズンを送る最大の要因となることを願っている」

 なおトロロッソは、2020年にチーム名称を『スクーデリア・アルファタウリ』と変更することを申請し、既にF1委員会によって承認されている。

Read Also:

次の記事
F1、CO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

前の記事

F1、CO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

次の記事

レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続

レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続
コメントを読み込む