今年のトロロッソ・ホンダは来年への準備「正しい方向に進んでいる」

シェア
コメント
今年のトロロッソ・ホンダは来年への準備「正しい方向に進んでいる」
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/08/02 9:39

トロロッソのフランツ・トスト代表は、ホンダとのタッグ1年目にあたる今季は、来年に向けての準備だと断言。しかしここまでの進捗に手ごたえを感じているようだ。

 今季からホンダと新たにタッグを組み、F1に挑んでいるトロロッソ。前半戦を終えた段階で入賞5回、獲得ポイント28にとどまっている。

 前半戦の戦いぶりについてチームのフランツ・トスト代表は、motorsport.comの取材に対して「来年に向けての良い準備になっている」と語った。

 ホンダのパワーユニットは、フェラーリやメルセデスなどに比べると、出力の面では劣っていると言われる。トストは、パワーの重要度が比較的小さい、モナコとハンガリーで好結果を得られたことに安堵しているようだ。

「我々はしっかりとチャンスをモノにした。これらのコースは、我々のマシンに合っていたのだ」

 トストはそう語った。

「しかし、次の2レースは全く異なる特性のサーキットだ。スパ(フランコルシャン)とモンツァは、高速サーキット……そこでどんなことを見せられるのか、我々は見てみたいと思う」

「トロロッソも、パフォーマンスを改善してきた。しかし我々にとっての主な問題は、ハースやザウバーのような直接のライバルたちが、それ以上に進化したと言うことだ」

「彼らは今や本当に強力で、とても競争力がある。次の2レースでは、彼ら相手に戦うのはとても難しいだろう。しかし、その後のシンガポールGPについては、とても楽観視している」

 トロロッソのマシンは今年中にさらに前進することができると、トストは確信していると語る。

「当初から、今シーズンは簡単にはいかないだろうということは分かっていた」

「これは、来年に向けての準備だ。ここまで、正しい方向性で進んでいると言わなければならないだろう」

「物事は進んでいる。しかし他のチームも、新しいパーツを投入するなどしている。つまり、どのチームがより効率的な形で開発しているかということにかかってくるんだ」

次の F1 ニュース
英国飲料会社、フォースインディア買収を諦めず。4団体がチームに興味

前の記事

英国飲料会社、フォースインディア買収を諦めず。4団体がチームに興味

次の記事

ニキ・ラウダ、肺移植手術を受ける

ニキ・ラウダ、肺移植手術を受ける
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース