F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
9 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
16 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
51 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
65 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
93 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
100 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
114 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
121 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
135 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
149 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
156 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
170 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
184 days

”初めて”の鈴鹿に挑むハートレー「ファンやホンダにポイントを!」

シェア
コメント
”初めて”の鈴鹿に挑むハートレー「ファンやホンダにポイントを!」
2018/10/02 22:45

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、自身初となる鈴鹿サーキットでのF1日本GPへ向けた意気込みを、チームのプレスリリースに語った。

 トロロッソのブレンドン・ハートレーは、ホンダの母国グランプリとなる日本GPに、今週末挑むことになる。

「鈴鹿は間違いなく、開催カレンダーの中のハイライトのひとつだ」

 ハートレーはチームのプレスリリースに、そう意気込みを語った。

「F1にいる誰もがこのコース、特に高速のセクター1について語る。現代のF1マシンを、その限界までプッシュする……このセクター1が今のクルマにとって最も印象的な場所になることを期待している」

 ハートレーが鈴鹿でレースをするのは、今回が初めてのことになるという。

「僕はこれまで、F1のシミュレータで鈴鹿を走った。先週もレースへ向けた準備として、またこのコースを走ってみた。でも、実際にコースを走るのは初めてだ」

「日本では、WECで4回ほどレースを戦った。でもそれはいつも富士スピードウェイだった。富士ではいつもうまくいった。1度優勝したし、3位にも2度なっている。そして、日本のファンの情熱を楽しんだんだ。鈴鹿では、ホンダとトロロッソのために、すごい応援をしてくれることを期待している」

「日本に行くのを楽しみにしている。日本で過ごす時は、いつも素晴らしい時間を満喫しているからね。日本の食べ物や文化も大好きだし、現地の人たちとぶらぶらして過ごすんだ」

 ホンダと日本のファンのために、ポイント獲得を目指すとハートレーは語る。

「ソチでのレースが終わった後すぐに日本へ向かい、ホンダのF1施設であるさくら研究所を訪ねるという忙しいスケジュールになっている」

「ホンダのパワーを使う僕らにとって、日本GPは重要なレースになる。だから素晴らしいパフォーマンスを見せ、日本のファンやホンダのすべての人たちに、ポイントを捧げることができればいいと思う」

次の記事
ボッタス、”予想外”のチームオーダーに混乱「本当に突然、指示があった」

前の記事

ボッタス、”予想外”のチームオーダーに混乱「本当に突然、指示があった」

次の記事

レッドブルF1代表、メルセデスのチームオーダー”想定外”に驚き

レッドブルF1代表、メルセデスのチームオーダー”想定外”に驚き
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中