『F1 TV』の配信が世界でスタート。日本でのサービス開始には言及せず

F1はオンラインでのF1映像配信サービス『F1 TV』を、2018年シーズンより開始することを発表した。

 F1はオンラインでのF1映像配信サービス『F1 TV』を、2018年シーズンより開始することを発表した。

 この『F1 TV』は、インターネット経由でF1のあらゆるコンテンツにアクセスすることができるOTT(オーバー・ザ・トップ/over the top)サービスで、世界中で楽しむことができるという。

『F1 TV』は、ふたつの階層に分けられている。そのひとつが、『F1 TV PRO』である。

 この『F1 TV PRO』は、各レースのライブストリームを、広告無しで視聴できるモノ。さらに全20台のマシンに搭載されたオンボードカメラ映像を自由に選択して視聴することができたり、記者会見やレース前のインタビュー、各サポートレース(F2、GP3、ポルシェ・スーパーカップなど)のライブ配信も受け取ることができるという。

 当初は4つの言語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)での配信となり、サービス開始時には約20の市場にアプローチできると考えているという。当初はWEBとデスクトップでの配信スタートとなるようだが、段階的にモバイルアプリやテレビ内臓アプリなどにも導入されていくようで、ユーザーは様々なデバイスで視聴することができる。『F1 TV PRO』の価格は、月額8〜12ドル(約850〜1300円)に設定される予定だ。

 またより安価なサービスとして、『F1 TV アクセス』も設定される予定。このサービスはライブタイミングやラジオ解説、各セッションのハイライト動画が配信されるという。また、過去の名レースなどアーカイブ的なコンテンツも配信されるようだ。このサービスは、これまでの配信されてきたF1ライブアプリに似た内容である。この『F1 TV アクセス』については、配信開始と同時に世界中で使うことができる。

 技術的なサポートは、CDNとタタ・コミュニケーションズが提供するという。

 なお、日本でのサービス開始については、現状では言及されていない。というのも、日本ではすでに2016年シーズンの途中から、同じOTTサービスであるDAZNがF1及びF2、GP3の全セッションを生配信中で、今季も継続することになっている。つまり『F1 TV PRO』の配信が日本でも始まってしまうと、サービスが重複することとなってしまう。

 なおDAZNも複数の国でサービスを展開しているが、F1の生配信を行っているのは日本だけである。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース