F1アメリカFP2:ガスリー躍進の2番手。ハミルトン盤石の最速タイム

シェア
コメント
F1アメリカFP2:ガスリー躍進の2番手。ハミルトン盤石の最速タイム
執筆: 田中健一
2018/10/19 21:02

F1アメリカGPのフリー走行2回目が行われ、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2番手と躍進を果たした。最速はメルセデスのルイス・ハミルトンだった。

 F1アメリカGPのフリー走行2回目が行われ、ルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2番手と大躍進を遂げた。

 午前中に行われたフリー走行1回目は、ウエットコンディションで行われたものの徐々にレコードラインが乾いていくという状況だった。

 しかしFP2開始直前にサーキット・オブ・ジ・アメリカズには強い雨が降り、完全なるウエットコンディションに。状況確認のためコースインしたセーフティカーでさえも、アクアプレーニングに足をとられるような状態だった。

 そのため、F1マシンが走るのはほぼ不可能な状態であり、セッションが始まっても各車コースインせず、待ちの時間となった。

 最初のマシンがコースインしたのは、セッションが半分経過した頃。トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーである。ハートレーはFP1ではショーン・ゲラエルにマシンを譲ったため、これがこのグランプリ初の走行である。履いたタイヤはウエットタイヤだ。

 同じくFP1でランド・ノリスに走行機会を譲ったマクラーレンのストフェル・バンドーンも、ハートレーに続いてコースインした。

 バンドーンはタイムを計測せずにピットに戻ったが、ハートレーは1分57秒109を記録した。

 そのあとコースインしたのは、キミ・ライコネン(フェラーリ)。ライコネンは1分53秒443でCOTAを走った。

 これらの走行を見た各車が、セッション残り30分を切ったところで、徐々にコースイン。残り20分という時点で走行を行ったピエール・ガスリー(トロロッソ)が、ライコネンを0.148秒上回りトップに躍り出た。さらにガスリーは自身のタイムを更新し、1分52秒751まで上げてみせた。

 残り15分を切ると、各車インターミディエイトタイヤに交換し、ガレージを後にする。しかしセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)をもってしても、ガスリーのタイムを上回ることができない。

 残り10分というところで、ようやくレッドブル勢とメルセデス勢がコースインする。

 その直前にインターミディエイトタイヤを履いていたルノーのニコ・ヒュルケンベルグが、ガスリーのタイムを上回る。しかしガスリーもインターミディエイトタイヤを履き、ヒュルケンベルグを2秒上回る1分50秒199を記録。さらに自身のタイムを更新し、1分49秒728まで記録を伸ばした。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンもアタックするが、ガスリーのタイムには及ばなかった。

 しかしさすがは王者ハミルトン。ハミルトンは一気に1分48秒716を記録し、ガスリーを置き去りにした。

 結局このハミルトンのタイムがFP2最速。FP1に引き続いてトップタイムを記録し、今週末最高の蹴り出しを決めた。

 2番手につけたのはガスリー。ハミルトンから1秒遅れとはいえ、好結果である。3番手がフェルスタッペン。

 日本GPで苦しんだマクラーレンのフェルナンド・アロンソが4番手と躍進。ヒュルケンベルグが5位、もう1台のトロロッソ勢であるブレンドン・ハートレーが6位となった。

 心配なのはフェラーリ勢である。ライコネン9位、ベッテルに至っては10位と、予想できないような結果に終わった。走行計画の違いに依る差ならばいいが、少々不安な立ち上がりとなったことは否めない。明日以降の走りに注目が集まる。

→FIA F1世界選手権第18戦アメリカGPフリー走行2回目結果

次の記事
ホンダの進歩を認めるサインツJr.「でもレースペースでは負けていない」

前の記事

ホンダの進歩を認めるサインツJr.「でもレースペースでは負けていない」

次の記事

ベッテルにさらなる打撃。FP1赤旗無視により、3グリッド降格

ベッテルにさらなる打撃。FP1赤旗無視により、3グリッド降格
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
サブイベント 金曜日 フリー走行2回目
執筆者 田中健一
記事タイプ フリー走行レポート