ガスリー、初のオースティンに挑戦「僕らのマシンは確実に進歩している」

シェア
コメント
ガスリー、初のオースティンに挑戦「僕らのマシンは確実に進歩している」
2018/10/17 3:11

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末に行われるF1アメリカGPに向けて意気込みを語った。

 今週末に行われるF1アメリカGP。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、このアメリカGPに向けた意気込みを語った。

「僕が最初にアメリカに行ったのは、もう何年も前のこと……ラスベガスで行われたカートレースに出るためだった。その時、僕は3位だった」

 ガスリーはそうチームのプレスリリースに語った。

 昨年、既にF1デビューを果たしていたガスリーだが、このアメリカGPは、スーパーフォーミュラの最終戦と日程が重複していたため、欠場した。つまり、今年がサーキット・オブ・ジ・アメリカズを走る最初の機会ということになる。

「最近では、レッドブル・レーシングのサードドライバーとしてオースティンに来たことがある。でも、ここで走ったことはない。だから、オースティンを走るのは、今年が初めてということになる」

「このコースは、本当にテクニカルなコースのように見える。ほとんどのドライバーも、ここが今年最高のコースのひとつだと考えている」

「ここで初めてレースを戦うのを楽しみにしている。去年はオースティンでレースをするはずだったが、鈴鹿でのスーパーフォーミュラ最終戦と日程が重複してしまっていた。しかもチャンピオンになれる可能性があったのに、悪天候のためレースが中止になってしまった……僕にとっては最高の週末じゃなかったんだ」

 前戦日本GPでは、11位に終わったガスリー。しかし予選ではチームメイトのブレンドン・ハートレーが6位、ガスリーが7位に入るなど、マシンのパフォーマンス向上は明らかだ。

 ガスリーも今週末のアメリカGPでの好結果に期待を寄せる。

「日本GPの予選では、僕らのマシンが進歩しているのを見ることができた。しかも、レースペースも良かった。僕らは確実に進歩を遂げている。アメリカとメキシコでも、この流れが続くことを願っている」

次の記事
FEニッサンのアルボン、来季トロロッソ・ホンダの候補に急浮上

前の記事

FEニッサンのアルボン、来季トロロッソ・ホンダの候補に急浮上

次の記事

マッサ、古巣フェラーリは「優勝へのプレッシャーに苦しんでいる」

マッサ、古巣フェラーリは「優勝へのプレッシャーに苦しんでいる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース