予選Q1で7位のガスリー、グリッド降格も「できる限りの結果を!」

シェア
コメント
予選Q1で7位のガスリー、グリッド降格も「できる限りの結果を!」
2018/10/21 4:11

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、予選Q1で7位。決勝はグリッド降格ペナルティにより後方スタートとなるが、できる限りの結果を目指すと意気込んだ。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、アメリカGPの予選を13位で終えた。

 ガスリーは予選Q1を、トップ3チームに次ぐ7番手で通過。Q2ではすでにパワーユニット交換によりグリッド降格ペナルティが決まっているため、タイムアタックは行わなかったのだ。

「今日のQ1は本当にポジティブだったし、そのラップを楽しむことができた。7番手でフィニッシュできたのは、とても良いことだった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「僕らはグリッド後方からスタートすることが決まっているため、Q2で走る理由はあまりなかった。でも、新しい仕様のエンジンはとても良いステップアップを遂げており、マシンの感触はとても良い。週末を通じて、マシンは非常に快適なんだ。そしてウエットでもドライでも、挙動が良い」

 グリッド最後尾からスタートする決勝レース。しかしガスリーは、追い上げが可能であることを期待している。

「明日のレースが簡単なモノにはならないことを、僕らはすでに分かっている。たくさんのマシンをオーバーテイクしなきゃいけないし、前のマシンと良いバトルをすることになるだろう」

「でも、パフォーマンスが良いなら、僕を強力に後押ししてくれるだろう。そして、可能な限りベストな結果を達成できることを願っている」

次の記事
F1アメリカ予選:トップ3が僅か0.07秒差。大接戦をハミルトン制す

前の記事

F1アメリカ予選:トップ3が僅か0.07秒差。大接戦をハミルトン制す

次の記事

トロロッソ、アメリカGPで新型エアロ使わず。新型PUをガスリー称賛

トロロッソ、アメリカGPで新型エアロ使わず。新型PUをガスリー称賛
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース