ベッテル「僕もハミルトンも、シューマッハーの記録にはまだまだ遠い」

シェア
コメント
ベッテル「僕もハミルトンも、シューマッハーの記録にはまだまだ遠い」
2018/11/09 8:08

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、自身も最大のライバルであるルイス・ハミルトンも、まだまだミハエル・シューマッハーの記録には遠いと考えている。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ミハエル・シューマッハーの記録は、自身にとっても、そして今季の王者であるルイス・ハミルトンにとっても、まだまだ遠いモノであると考えている。

「僕にはよく分からない。比べるのは、いつでも難しいことだと思う」

 そうベッテルは語った。

「もちろん、あなた方は比較をすることができる。でも、いつも違うと思う。だからおそらく、ミハエルの世代と比較する方が簡単かもしれない。それ以上の比較は難しいだろう」

「来年僕らにどれほどの競争力があるか、そしてルイスはどうか……それは僕には
分からない。予測するのは不可能だ。しかしとにかく、ミハエルの持っている数字はまだまだ遠いと思う」

 そう語るベッテルは、まだ来年のことについて考える段階ではなく、残り2レースに向けて集中すると語る。

「残り2レースあると思うし、その2レースに最善を尽くそうと思っている。まだコンストラクターズタイトルの争いが残っている。それが、僕らが集中していることだし、できるだけ多くのポイントを獲ろうとしている。そしてその後、それが十分なのかが分かるはずだ」

「どうなるのか分からない。それを予測するのは難しいんだ」

「明らかなことは、マシンを僕らが知っているモノ、快適だと感じるモノに戻して、直近の2レースでより競争力のあるマシンを手にできたということだ。だから、僕らはこれを続け、ブラジルとアブダビで競争力を発揮し、彼らを苦しめられることを期待している」

 ブラジルGPは、荒れることが多いコースとしても知られる。ベッテルはそれにも、メルセデス逆転に向けた望みを託している。

「ここでは、予測するのがいつも難しい。インテルラゴスには、ちょっとした魔法があるんだ。いつも何かが起こる。だから、天候がどうなっていくか、物事がどう進んでいくか……とにかく挑戦的な週末になるだろう」

 激しいタイトル争いを繰り広げたものの、ハミルトンに敗れてしまったベッテル。この1年から何を学んだのか? それについて尋ねると、ベッテルは次のように語った。

「それは大きな問題だ。明らかに何かが間違った。そしてそれから学ばなきゃいけない」

 そうベッテルは語る。

「何かが間違っていたと思う。正しい方向に開発が進まなかったのだ」

「何がうまくいかなかったのかを見つけ、そしてそれが再び起こらないようにするのは、僕らの責任だ。シンプルなことだけど、聞こえるほど簡単なことじゃない」

Additional reporting by Adam Cooper

次の記事
GPDA、現在のタイヤへの懸念について、ブラジルで議論

前の記事

GPDA、現在のタイヤへの懸念について、ブラジルで議論

次の記事

ホンダサンクスデーでトロロッソ・ホンダSTR13のデモ走行が決定

ホンダサンクスデーでトロロッソ・ホンダSTR13のデモ走行が決定
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
記事タイプ 速報ニュース