【F1, WEC】バクー、日程変更を要求。「ル・マンとのバッティングはメディア露出が減る」

今年ヨーロッパGPとしてレースが開催されたバクーは、ル・マン24時間レースと日程がかぶらないように、変更を要求している。

 今年、ヨーロッパGPとしてアゼルバイジャンのバクーでレースが行われたが、世界3大レースのひとつ、ル・マン24時間レースと同じ週末に開催することとなってしまった。バクーのプロモーターであるアリフ・ラヒモフは、伝統的な耐久レースとの日程バッティングに苦しんだに違いない。

 ところが、バクーは来年再びル・マンと日程が重なるとして議論を呼んでいる。来週ウィーンで開催される世界モータースポーツ評議会(WMSC)で、2017年のF1カレンダーが正式に承認されるが、ラヒモフは6月18日となっているバクーの開催予定を変更して欲しいと明かした。

 アブダビに訪れたラヒモフは、「私の個人的な立場としては、この日程には完全に満足していないということだ。ル・マンがあったために、多くのメディア露出を失った」と話した。

「モータースポーツの世界では、我々は今年の6月のウォッチリストのトップにあったと思うが、当然我々はもっと多くを望んでいる。日程変更をすることができれば、ル・マンの日程と重なることがなくなり、もっと多くの露出を得ることができる」

 ラヒモフはバクーが、距離や時差を含めて、誰にとってもロジスティック上困難だったカナダGPとの連戦であったことにも不満を抱いているようだ。

「時差が我々に不利に働く」と彼は言った。

「正直に言って、カナダとは日程を変更することについて議論していないが、それを少し前にずらしたい」

「私たちにとっても、ロジスティック的に悪夢だよ。火曜日には6機のジャンボジェットが着陸する。24時間で900トンの貨物がサーキットに持ち込まれる。我々はそれを成し遂げたし、我々がしたことには満足してもらったが、それはタフな仕事だった」

 バクーは、一時的にヨーロッパGPという名前でレースが行われたが、この名称変更についても正式な承認を待っているとラヒモフは語った。

「まだ交渉中だが、それを変えようとしている」と彼は語った。

「来月の初めには上手くいけばいいと思う…アゼルバイジャンGPという名前に変えるためには、多くの問題を整理する必要がある」

【関連ニュース】

ホッケンハイム、来季カレンダーの正式決定を前に、ドイツGP開催を断念

FIAが2017年F1カレンダーを暫定的に公表。来季もル・マンと日程バッティングか?

世界モータースポーツ評議会、2017年F1開催カレンダーを承認

【WEC, FE】来季フォーミュラEニューヨークとWECドイツのバッティングが濃厚か?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース