【F1, WEC】マーク・ウェーバー、オーストラリアの勲章を授与される

F1とWECで活躍したマーク・ウェーバーは昨年限りでレーシングドライバーを引退した。彼はその功績を称えられ、豪州の勲章を授与された。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州クィンビャン出身のマーク・ウェーバーは、モータースポーツにおけるレーサーや大使としての優れた業績と、様々な医療及び青少年支援組織への寄付、後援を通じて地域社会へ貢献したことで、オーストラリアのオフィサー勲章(Officers of the Order of Australia, AO)を授与された。

 ウェーバーはF1で9勝を挙げ、ドライバーズランキング3位を3度獲得した。その後、2014年から世界耐久選手権(WEC)に挑戦。ポルシェからLMP1クラスに出場し、ポルシェ919ハイブリッドをドライブした。2015年にはシーズン4勝、ル・マン24時間レースで2位を獲得し、チャンピオンに輝いた。そして40歳になったウェーバーは、2016年シーズン限りでのレーサー引退を発表した。

 ウェーバーは現在、ポルシェのアンバサダーを務めている。

 さらにウェーバーは、ウォーキングやサイクリング、カヤックなどでタスマニア中を回るアドベンチャーレース、『タスマニア・チャレンジ』を主催しており、多くのオリンピック選手やトライアスロン選手がこれに参加。このイベントの収益が、小児ガンの慈善団体に寄付されている。

【関連ニュース】

ウェーバー来日。独占インタビュー「これ以上レースですべきことはない」

ウェーバー「本当に素晴らしい年だった。まだ最後の仕上げが残っている」

インタビュー:ウェーバー①「これをやる必要があるのかと思う割合が増えた」

インタビュー:ウェーバー②「レースの週末は頻繁に目が醒めるようになった」

インタビュー:ウェーバー③「オーストラリア人も日本人も欧州との文化も違いを学ばなきゃいけない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , WEC
ドライバー Mark Webber
記事タイプ 速報ニュース