F1 エミリア・ロマーニャGP

F1、ペナルティ上等“マグヌッセン走り”阻止に向けてルール変更を検討へ。ただし施行を急がず

F1チームとFIAは、ハースとケビン・マグヌッセンが展開した物議を醸すブロック戦術を封じるためレギュレーション変更の可能性を検討することとなった。

Kevin Magnussen, Haas VF-24, Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01, Lewis Hamilton, Mercedes F1 W15

 motorsport.comの調べでは、ハースのケビン・マグヌッセンが展開し物議を醸したブロック戦術に関して、F1チームとFIAがレギュレーション変更の可能性を検討することとなったようだ。

 今季マグヌッセンは、サウジアラビアGPとマイアミGPの2戦で、チームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグの入賞をサポートすべく、タイム加算ペナルティを科されながら後続のライバルを抑えこんだ。

 結果的にハースとしてポイントは稼いだものの、マグヌッセンはマイアミGPスプリントで、ディフェンスの最中にコース外でアドバンテージを得るなどして計35秒のタイムペナルティを受けた上、ペナルティポイントが累計10点に。レース出場停止処分まで2点という状況に追い込まれた。

 その後マグヌッセンはレーススチュワードの調査を受け、スポーツマンシップに反したという嫌疑は晴れた。ただ、マクラーレンのアンドレア・ステラ代表をはじめライバルは、マグヌッセンの走りが出場停止に値すると考えた。

 スチュワードはマイアミでのマグヌッセンの行為に対する説明の中で、違反を繰り返した場合により厳しいペナルティを科すようなレギュレーション変更の可能性を示唆した。

「今後、適切な状況において特に違反が繰り返された場合、今回見られたようなシナリオを回避するため、各違反に適用されるペナルティを強化すべきかどうか検討する必要がある」

 スチュワードはそう記した。

「これはFIAとスチュワーディングルームに対する、明確な提案だ」

 motorsport.comの調べでは、スチュワードの要請を受けて、エミリア・ロマーニャGPのチームマネージャー会議でこの問題が議題に挙がり、レギュレーション変更の合意が得られるかどうかが問われた。

Kevin Magnussen, Haas VF-24

Kevin Magnussen, Haas VF-24

Photo by: Steven Tee / Motorsport Images

 会議ではレギュレーション変更を検討すべきだということで合意が得られたが、意図しない結果を引き起こす可能性があるため、すぐには実施しないということとなった。

 その代わり、この議論はレギュレーション変更を話し合うF1スポーティング諮問委員会の次の会合で、検討が行なわれる。

 一方、スチュワードはドライバーが不当にポジションを得た場合、通常のタイムペナルティ10秒ではなく、ドライブスルーペナルティの活用が奨励されているという。

 しかしエミリア・ロマーニャGPを前にマグヌッセンは、ドライブスルーペナルティではなく、レースコントロールがドライバーにポジションを返すよう指示することがより良い解決策だの考えを語った。

「FIAは僕らに、ポジションを返すように指示するのが最善だと思う。でも、その指示に従わなかった場合は、過酷なペナルティにすればいい」とマグヌッセンは語った。

「それが行なわれることを、確実にしなければいけない。第一に、その違反の裁定は複雑だし、その結果が重要すぎると思う。トラックリミットを超えて、そこから戻るための余地を残しておかなきゃいけない」

「一方、彼らがそれを不当なアドバンテージだと判断し、それが即座にドライブスルーペナルティとなるのなら、それは良くないと思う」

 なお、マグヌッセンの言うようなポジション入れ替えの命令は検討されていないようだ。

 

前の記事 フェラーリ、アップデートの狙いを説明。パフォーマンスの偏りを減らし、ドライバーに自信与えるマシンへ
次の記事 F1エミリア・ロマーニャFP3速報|マクラーレンがワンツー。赤旗中断の影響もありRB角田裕毅は13番手

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本