ホンダ山本MS部長、最終日は”消化不良”も「しっかりテストできた」

シェア
コメント
ホンダ山本MS部長、最終日は”消化不良”も「しっかりテストできた」
執筆:
2019/03/03 1:44

ホンダの山本雅史モータースポーツ部長に、F1の合同テストの総括を訊いた。

 F1の開幕前のテストスケジュールが全て終了した。ホンダ製のパワーユニット(PU)を搭載するレッドブルとトロロッソは、合計で1768周を走破。実り多いテストになったと言えるだろう。

 4月からF1専任の特命職を務めることになっているホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、テストについて振り返り「総じて言うとしっかりテストできた」と語る。

「マックス(フェルスタッペン)が最後にギヤボックスの問題で走れなかったから、そこが少し……消化不良でした」

 そう山本部長は語る。

「でも総じて言うと、1回目も2回目も、しっかりとテストができました。データも2チーム分取れている。そういう意味では良いテストだったと思います。あとは開幕戦のメルボルンに向けてしっかり集中して、田辺(豊治/ホンダF1テクニカルディレクター)とタッグを組んでやっていきます」

 レッドブルがしっかりと走ったのと同時に、トロロッソ勢も安定した走りを披露。速さも見せた。

「トロロッソも良いですね。昨年1年間色々とやっていますし、今年の流れも非常に良いです。マシンのバランスについては、ふたりのドライバー共に非常に良いと言っている。僕らも楽しみですよ」

 レッドブルの仕上がりについては期待感を示しつつも、最終日にアタックができなかったことについては、残念だと語った。

「レッドブルは、レースシミュレーションばかりしていました。でも、最後の予選セッションを走れていないので……それがフラストレーションですね」

 今週末、鈴鹿サーキットではダニエル・ティクトゥムの手でレッドブルのF1デモカーが走行を披露している。そして1週間後の3月9日には、東京でのレッドブル2台でのデモラン……そしてその翌週にはついにシーズンが開幕する。

次の記事
ホンダの脅威に? ルノー、“期待はずれ”の昨年を経てPUの進歩を確信

前の記事

ホンダの脅威に? ルノー、“期待はずれ”の昨年を経てPUの進歩を確信

次の記事

“最も遅いチーム……”ラッセルが遅れを認めるも、マシンには大きな進歩

“最も遅いチーム……”ラッセルが遅れを認めるも、マシンには大きな進歩
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 田中健一
Be first to get
breaking news