F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
39 days

2020年のF1は全22レースに拡大か。鍵はパワーユニットの寿命とチームのコスト?

シェア
コメント
2020年のF1は全22レースに拡大か。鍵はパワーユニットの寿命とチームのコスト?
執筆:
2019/08/03 2:47

2020年のF1が史上最多の22レースになるかどうかは、パワーユニットのライフと各チームのコスト面が鍵になってきそうだ。

 2020年のF1が、史上最多の全22レースで行われる可能性が浮上している。

 2020年の開催カレンダーにはオランダGPが復帰し、ベトナムGPが新たにカレンダーに加わる一方、レース数は変わらない予定となっていたため、契約が切れる既存レースのうちふたつがカレンダーから消えることになると考えられていた。

 今季限りで開催契約が切れるグランプリは5つ。しかしそのうち、イギリスGPは新しい開催契約を締結済み。イタリアGPもネックとなっていた財政問題が解消され、新たに開催契約を結ぶものと見られる。

 残るスペインGP、メキシコGP、ドイツGPで残る1枠を争う形となるが、カタルニア州政府がスペインGPの開催契約を1年延長することを承認した。政府が多額の助成金を打ち切ると示唆し、開催が危ぶまれていたメキシコGPも、以前ほどのレベルでないにしろ政府が資金援助を行い、契約更新に動いているという。

Read Also:

 ドイツGPの開催が継続される見込みはあまりないものの、これら4レースの開催が継続される可能性が高まったことで、F1のオーナーであるリバティ・メディアは、2020年のF1カレンダーを22戦に拡大することを検討している。

 ただし、レース数を増やすにはチームの支持が必要だ。ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、レース数を22戦に増やすことについて承認するかどうかを調査されたと認めた。

 シュタイナーが懸念しているのは、パワーユニット(PU)のマニュファクチャラーが4基目のPUを使わずに22レースを戦うことに納得するかどうかであり、もし4基目のPUが必要なら、コスト面にも影響すると語った。

「我々はそれ(カレンダー)について訊かれ、私は自分の意見を述べた」

「私は、ロジスティック的にはなんとかなると思う」

「私が考えていることのひとつは、PUの使用制限を3基のままにしておく必要があるということだ。4基目のエンジンを使用するのであれば、経済的に筋が通らない。我々にとってはマイナスだ」

「エンジンマニュファクチャラーの返答次第だろう。彼らが3基のPUでそれ(22レースを戦うこと)ができると確信しているなら、私は問題ない」

 かつて、F1のエンジン規則では一定のレース数を超えた場合、追加のエンジンを使用することが許されていた。しかし現行の規則では、レース数に関わらずドライバーがペナルティなしで使用できるPUコンポーネントは、最大3基までと制限されている。

 シュタイナーは、レース数が増えること自体には反対していないが、ウイリアムズの副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、より懐疑的な見方をしている。

「個人的に、レース数は減らしたほうが良いと考えています」

「カレンダーに多くのレースを入れすぎてしまえば、他のスポーツイベントや他のメディアと、市場で多くの競争が起こります。消費者にとって、供給が多すぎてしまうのです」

「もうひとつ考慮すべきなのは、チームの人員についてです。レース数が増えれば、チームにかかるプレッシャーも増えますし、スタッフのワーク・ライフ・バランスを取ることは困難になります」

「小規模なチームにとっては、人員交代のコストが増加するため、21を超えるレース数のカレンダーをどう管理するかは非常に難しい問題です。例えば、レースエンジニアが2人でいいのか、4人必要なのかということです。機材を世界中に輸送する費用もあります」

「私たちは、どれだけチケットが売れるか考えなくてはいけないのですか? それとも、多額の分配金が得られるのですか? 私は、レース数が増えることに反対するでしょう」

次の記事
「馬鹿なミスだった」とクラッシュを悔やむアルボン。一方でマシンには進歩も?

前の記事

「馬鹿なミスだった」とクラッシュを悔やむアルボン。一方でマシンには進歩も?

次の記事

シート喪失も噂されるグロージャン「昨年の方が危うかった」とチーム残留に自信?

シート喪失も噂されるグロージャン「昨年の方が危うかった」とチーム残留に自信?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble