F1スーパーライセンスの年齢引き下げ、レッドブルにも恩恵あり? 17歳のリンブラッドがフリー走行参加の可能性

FIAによるスーパーライセンスのルール変更は、メルセデス育成のアンドレア・キミ・アントネッリとは直接的には関係ないようだ。

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

写真:: Motorsport Images

 FIAは先日、国際モータースポーツ競技規則を更新し、FIA独自の裁量によってF1スーパーライセンスを17歳のドライバーに与えることができるという条項が盛り込まれた。これにより、2015年にマックス・フェルスタッペンが17歳でF1デビューして以来、初めて18歳になる前にF1に参戦する道が開かれたことになる。ただ、早期F1デビューが噂されるメルセデスの育成ドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリとは直接的には関係ないようだ。

 FIAによるスーパーライセンスのルール変更は、アントネッリをF1に昇格させたいという希望に応えたものだと広く解釈されていた。2025年にメルセデスからF1に参戦すると見られているアントネッリは、8月に18歳となる。

 メルセデスのカスタマーチームであるウイリアムズは、アントネッリが18歳になる前にウイリアムズでF1デビューを果たせるよう、免除を要請したと見られている。トップチームのメルセデスで走る前に、経験を積ませるためだ。

 しかしメルセデスはそういった計画について聞かれた際、冷ややかな態度を示した。メルセデスのトト・ウルフ代表と、ウイリアムズのジェームス・ボウルズ代表との間で行き違いがあったのだと考えられている。

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

 ルール変更のきっかけがウイリアムズの免除申請だったとしても、FIAはスーパーライセンスの年齢条件について、いずれにせよF1チームと共により深い評価が必要だと判断した。

 F1チームマネージャーの定例会議でこの問題が議論された後、他のチームからもこの変更への支持が得られたようだ。

 そしてこの変更はFIAのスーパーライセンス作業グループから安全委員会に引き継がれた後、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で承認された。

 アントネッリのウイリアムズからの早期F1デビューの他に、このルール変更のメリットが得られる可能性があるのは、レッドブルだろう。

 というのも、現在FIA F3に参戦している育成ドライバーのアービッド・リンブラッドが8月に17歳になるからだ。ルール変更により、F1のFP1で走行できるスーパーライセンスが与えられる可能性があるのだ。

 実際、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、リンブラッドを育成プログラムのトップに近い位置に位置づけている。

 ただし、リンブラッドがFP1限定のライセンスも含め、スーパーライセンスを取得できるかどうかは、FIAの裁量次第となる。

 

前の記事 立ちふさがるのはフェルスタッペンとノリスの2大巨頭。メルセデスF1、2戦連続表彰台獲得も優勝争いまではまだ遠い?
次の記事 ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本