F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

2019年のザウバーは”要警戒”? 中団チーム争いの台風の目になるか

シェア
コメント
2019年のザウバーは”要警戒”? 中団チーム争いの台風の目になるか
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/01/23 3:40

中団チームのライバルたちから見て、2019年のザウバーは警戒すべきチームだとして、恐れられているようだ。

 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)とカルロス・サインツJr.(マクラーレン)によれば、2019年のザウバーは警戒すべき”要注意”チームであり、その躍進は中団チームのライバルたちから恐れられているようだ。

 アルファロメオをタイトルスポンサーに迎え、最新のフェラーリ製パワーユニットを搭載した昨シーズンのザウバーは、シーズンを通して最も進歩したチームであると評価されている。開幕戦では予選最後尾を争っていたが、終盤には予選Q3の常連となっていた。

 2019年は、フェラーリを離れた2007年の世界チャンピオン、キミ・ライコネンが2年契約で加入。ザウバーにとっては頼もしい戦力だ。

 2011年から2年間ザウバーに在籍し、2012年に3度の表彰台を獲得したペレスは「ザウバーは素晴らしいチームだ」と語った。

「彼らはここ数年、非常に困難な時期を過ごしていた。でも今は、フェラーリとの関係性もあって、復活してきている」

「フレッド(バスール/ザウバーチーム代表)は、素晴らしいチームリーダーであり、彼らは大きな進歩を遂げていると思う」

「彼らは間違いなく注目すべきチームだ。2019シーズンの彼らは、かなり戦闘力が高いだろう。それを楽しみにしている」

 2018シーズンに48ポイントを獲得したザウバーは、シーズンラストの3戦で20ポイントを稼いだ。これは、メルセデスとフェラーリ、レッドブル以外でトップだ。2014年にF1にパワーユニットが導入されて以来、ザウバーがこれほど安定してポイントを稼いだことはない。

 ルノーからマクラーレンに移籍したサインツJr.にとっても、ザウバーは立派なライバルチームに見えているようだ。

「2019年は僕たち全員が、周りを恐れるべきだ」

「ザウバーが何をできるか考える。それからもう少し予算が多いフォースインディア(現レーシングポイント)についても考える」

「ルノーについてもそうだし、もしハースがフェラーリから2018年と同じような量のパーツを供給されるとしたら、彼らのことも考えなくちゃいけない」

「マクラーレンは全く新しいプロジェクトを持っている。僕たちは難しい時期を経て、4番目のチームに戻りたいと思っている」

「2019年はどのチームにも、中団チームをリードする可能性がある。全てのチームについて考える必要がある」

次の記事
リカルド獲得費用は、決して法外な額ではない……ルノー主張

前の記事

リカルド獲得費用は、決して法外な額ではない……ルノー主張

次の記事

ハース進歩の秘訣“責任の擦り付け合いはナシ”

ハース進歩の秘訣“責任の擦り付け合いはナシ”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ザウバー
執筆者 Scott Mitchell