フェラーリ、”攻めの決断”でPUアップグレード「2022年を見据えて経験を積むことが第一の目的」

フェラーリは、アップグレードしたPUを導入することでいくらかリスクを冒したことを認めたが、その判断を後悔してはいないようだ。

フェラーリ、”攻めの決断”でPUアップグレード「2022年を見据えて経験を積むことが第一の目的」

 フェラーリは、パワーユニット(PU)のアップグレードをシーズン後半に行なった。これはいくらかリスクもある”攻めの決断”だったが、チーム代表のマッティア・ビノットはその判断を後悔していないようだ。

 各PUメーカーは、昨シーズン終了から今シーズン終了までの間に、1回に限ってPUの各コンポーネントをアップデートすることが許されている。しかしフェラーリは夏休みの間に、このアップデートが完了していないことを明かしていた。

 そして導入に向けて最終的なゴーサインが出た結果、第15戦ロシアGPでシャルル・ルクレールが、第16戦トルコGPでカルロス・サインツJr.がペナルティを受けながらもPUを交換した。

 ルクレールは雨に見舞われたロシアGPでタイヤ交換のタイミングを誤り結果を残せなかったが、最後尾から追い上げ、雨が降る前までポイント獲得圏内を走っていた。サインツJr.もトルコGPで8位フィニッシュと、最後尾から見事なリカバリーを見せた。

 フェラーリ曰く、PUのアップグレードによって得られるパワーの向上は10馬力ほどに過ぎないという。一方でビノットは、PU交換で得られたパワーの向上は、元々2022年に向けた学習のための副次的な効果だと語った。

 またビノットはフェラーリがシーズン終了まで待たずに、できるだけ早くこのアップグレードを導入しようとしたことには、リスクもあったと言う。

「ソチで導入したときは、2022年を見据えて経験値を上げることが第一の目的だった」

「だからこそ、我々は出来る限り早く導入しようと急いだんだ。そこには多少のリスクもあるが、全てはリスク評価なんだ」

「我々にとっては、PUの開発が凍結される2022年までに、コース上でマイレージを稼ぎ、自分たちで経験を積むことが重要なのは明らかだ。我々にとってはそれこそが鍵であり、そうした(新PUを導入した)理由なんだ」

 フェラーリは、コンストラクターズランキング3番手につけているマクラーレンの7.5ポイント差に迫っている。パフォーマンスの向上が、この争いに決定的な影響を与える可能性もある。

「わずかなアドバンテージはあるが、それをラップタイムで数値化することはできない、なぜならそれはコースに依存するからだ」

 そうビノットは付け加えた。

「純粋なICE(エンジン)のパワーだけでなく、エネルギー回生もあるのでちょっと複雑なんだ。しかし、それが我々にアドバンテージを与えていることは確かだ」

「シャルルの(トルコGPの)予選を見てみると、彼は4番目に良いラップタイムを出していた。彼の後ろを見ても非常に接近していた。あの仕様のPUがなければ、間違いなく2~3ポジション失っていただろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

前の記事

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

次の記事

メルセデス代表、ボッタスの”貢献”を称賛「これがメルセデスでの最後の勝利にはならないだろう」

メルセデス代表、ボッタスの”貢献”を称賛「これがメルセデスでの最後の勝利にはならないだろう」
コメントを読み込む