F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

フェラーリの武器は”シェルとの関係”? 燃料パートナーが開発に関与

シェア
コメント
フェラーリの武器は”シェルとの関係”? 燃料パートナーが開発に関与
執筆:
2019/03/13 3:42

フェラーリの燃料パートナーであるシェルは、2019年の新車開発により深く関わっていることが、さらなる性能向上につながると考えている。

 フェラーリの燃料および潤滑油のパートナーであるシェルは、フェラーリの新車SF90により深く関与するという新しいアプローチが、さらなる性能向上をもたらす上で役に立つはずだと考えている。

 フェラーリとシェルは長年に渡ってパートナーシップを組んできた。だが今回新たな試みとして、SF90のコンセプト段階からシェルが開発に関与し、シャシーを可能な限りコンパクトにするために、積極的に取り組んできたのだという。

 燃料のサプライヤーとうまく協力し、マシン後部のパッケージングを改善することができれば、重量の面でも空力の面でも直接恩恵を得ることができるだろう。

 シェルのF1燃料開発マネージャーであるブノワ・プーレは、motorsport.comに次のように語った。

「フレームワークと同じく、燃料系についても多くの要素とのトレードオフとなっている」

「しかし昨年、シャシーとの統合が増強された。我々はマシンのデザインを完璧に近づけることで追加のパフォーマンスを得ている」

 フェラーリとシェルが協力し、よりコンパクトなシャシーを生み出そうとした背景には、2019年から1レースあたりの最大燃料搭載量が105kgから110kgに増加したことが影響している。

 プーレによれば、この変更により燃料消費の面でギリギリだったレースでは物事が容易になるものの、製品のアプローチには直接の影響はないという。

「我々はエンジン性能と効率の間で、トレードオフを構築してきた」

「それに加え、シャシーの設計に関して6カ月前に話し合いを行った。我々に(新しい燃料搭載量が)利益をもたらす可能性があるレースもあるだろう。だが疑問は常に、それ(燃料タンクの拡大)をする必要があるかどうかということだ」

「我々はフェラーリと、本当に効率的なエンジンを作るために懸命に取り組んできた。そして、現行のパワーユニット規則に基づいて、多くの燃料の性能を予測することができるようになった」

「そして、同じような性能を持った燃料ならば、より密度が高い方を好む。なぜなら、レギュレーションはすべて重量に基づいているため、密度が高ければ体積が小さくて済む。つまりマシンをコンパクトにできるのだ」

 しかしながらプーレは、最大燃料搭載量の変更により、各チームが劇的に異なるアプローチをすることはないだろうと考えている。

「燃料搭載量が5kg増えることで、より多くの自由度が生まれる」と彼は説明した。

「しかし開発において本当に重要なのは、燃料流量であり、その値は変わっていない」

「だから、我々の技術的目標はまだ変わっていない。それは効率が重要であるということだ。我々はともに最も効率的な燃料とエンジンを求めて取り組んできた」

「最大燃料搭載量が110kgまで増えるのは、マシンを運用する上でさらなる自由が生まれるだけだと考えている」

DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施

次の記事
中団グループは先頭に接近した……昨年王者ハミルトンの予想

前の記事

中団グループは先頭に接近した……昨年王者ハミルトンの予想

次の記事

そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルとの契約交渉について語る

そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルとの契約交渉について語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble