フェラーリ、アメリカGPにフロアのアップデート投入。タイトルを諦めず

シェア
コメント
フェラーリ、アメリカGPにフロアのアップデート投入。タイトルを諦めず
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/19 11:35

フェラーリは今季のタイトル獲得に向け、アメリカGPで新しいフロアを試す予定だ。

 日本GPで敗戦を喫し、タイトル獲得に向け崖っぷちに立たされているセバスチャン・ベッテルとフェラーリ。逆転するためには幸運を掴み取る必要があるが、フェラーリは開発の手を緩めていない。

 フェラーリはアメリカGPに、フロアとバージボードを中心としたアップグレードを持ち込んだ。チームはこれによって気流を整え、パフォーマンス向上に必要なモノをもたらそうとしている。

 顕著なのは、フロアのリヤタイヤ前に建てられた、2組のフィンである。

フェラーリSF71Hのフロア

フェラーリSF71Hのフロア

Photo by: Giorgio Piola

 このデザインは、小さなフィン3つを組み合わせた”衝立”を2組配置し、リヤタイヤ周辺の気流を整えようとしている。また、タイヤかすを避ける働きもあるかもしれない。

 日本GPの際にも、新たなフロアを試していたフェラーリ。しかし、タイヤかすがスリットに挟まってしまい、本来のパフォーマンスを発揮するのを阻害していた。そのためチームは、タイヤかすが詰まるのを避け、風洞実験で確認されたパフォーマンスを確実に発揮することを目指している。

 またフロアの後方では、ディフューザーの端を拡張してきており、一見レッドブルと同様のスタイルになっている。

 フェラーリはさらに、バージボードのエリアにも多くの変更を加えてきており、より複雑な形状になっている。

フェラーリSF71Hのバージボード

フェラーリSF71Hのバージボード

Photo by: Giorgio Piola

 アメリカGPの開幕を前に、メルセデスとのタイトル争いに打ち勝つためには、ペースをさらに上げる必要があるとベッテルは語った。

「レースで勝つためには、十分に速くなければならないというのは、明らかなことだ。そしてその後で、ライバルたちが何をしているのかによって左右される」

「直近のレースでは、僕らにはスピードがなかった」

「最近の数戦では、僕らには明らかに何かが足りなかった。僕らは、優勝を争うだけのスピードを持っていなかったんだ。僕らはこれからの数レースに向けて方向性を示し、それに相応しいと思えるだけの結果を得なければいけない」

次の記事
ウイリアムズ、オコンとの契約を検討も、予算確保が鍵

前の記事

ウイリアムズ、オコンとの契約を検討も、予算確保が鍵

次の記事

F1アメリカFP1速報:ウエットで行われたFP1、ハミルトン首位

F1アメリカFP1速報:ウエットで行われたFP1、ハミルトン首位
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース