トラブルにスピン……フェラーリ失意のレースとなるも、速さには満足

シェア
コメント
トラブルにスピン……フェラーリ失意のレースとなるも、速さには満足
執筆:
2019/04/02 3:00

フェラーリチーム代表のマッティア・ビノットは、バーレーンGPのほろ苦い週末を終えて“がっかりしたが悲しんではいない”という。

 バーレーンGPの予選でフェラーリはフロントロウを独占し、不振にあえいだ開幕戦オーストラリアGPのリベンジを果たすかに見えた。

 しかし、シャルル・ルクレールはトップ快走中の残り10周というタイミングでパワーを失い、3位に終わった。

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ルクレールの失速は受け入れ難いものとしながらも、チームがバーレーンで示した速さに勇気づけられたということが重要だと語った。

「確かに我々は失望しているが、ボジティブな雰囲気だ」

「我々にはまだ長いシーズンが残っていて、今週末にはたくさんのポジティブな要素があった。がっかりしたが悲しんではいない」

 フェラーリのライバルであるメルセデスは、今週末のフェラーリのストレートスピードに驚いており、その優位性は予選で顕著に表れた。

 しかしビノットは、フェラーリがすべてのトラックでこのような速さを持っているかどうかについて、慎重な考えだ。

「それはレース毎に異なってくると思う」とビノットは語った。

「確かに我々は良いパッケージを持っているが、さらなる開発を進めていく必要がある」

「我々が自信を持てるのはバーレーンで速かったということだ。しかしそれは残りのシーズンに向けて十分とは言えない」

「ファクトリーでは皆がアップグレードやセットアップの改善など、開発に尽力してくれている。今日のレースでは速さを見せたが、明日は明日の風が吹く」

 それと同時にビノットは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)との2位争いの最中にスピンし順位を落としたセバスチャン・ベッテルを擁護した。

「私はミスについて議論すべきだとは思わない」

「我々は常にバトルをしているし、彼らもそうだ。だからそれは常に起こり得ることなんだ」

「限界まで攻め続けることだけが最善の結果を得る方法であり、セブ(ベッテル)はそれをしようとしていた」

「我々にも課題はあるし、まだ学習の途中だ。この後のバーレーンテストは(次戦の)中国GPの準備にも役立つだろう。だから我々は改善していくことだけにに集中していく」

次の記事
なんとか”生き残った”……フェルスタッペン、暴れるマシンで最大限の結果

前の記事

なんとか”生き残った”……フェルスタッペン、暴れるマシンで最大限の結果

次の記事

ボッタス、フロントウイングにビニール袋が詰まるも……「2位は幸運」

ボッタス、フロントウイングにビニール袋が詰まるも……「2位は幸運」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む