F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

ルクレール、失意の予選となるも決勝では「チームのみんなを笑顔にしたい」

シェア
コメント
ルクレール、失意の予選となるも決勝では「チームのみんなを笑顔にしたい」
執筆:
2019/07/28 3:03

フェラーリのシャルル・ルクレールは、決勝でチームクルーに笑顔を与えるような走りがしたいと語った。

 フェラーリはF1ドイツGPのフリー走行で3セッション全てトップタイムを記録した。しかし予選ではQ1でセバスチャン・ベッテル、Q3ではシャルル・ルクレールのマシンにトラブルが発生し、ポールポジションを争うことができず、失意の結果となってしまった。

 なお、ベッテルのトラブル原因はインタークーラーに関するものではないかとされている。一方のルクレールは、燃料ポンプの故障が原因だったようだ。

「間違いなくチームにとって難しい1日になった」とルクレールは語った。

「こんなことは(クラッシュするまで)ポールを確信していたバクー以来だ。2台のマシンにトラブルが起こるのは非常に厳しいし、チームはこの結果にふさわしくない」

 ルクレールはQ1でトップタイムを記録し、Q2でもルイス・ハミルトン(メルセデス)に次ぐ2番手タイムをマークしていた。やはり彼には、トラブルさえなければポールポジションを獲得する自信があったようだ。

「僕たちは間違いなく速かった。Q2では少しタイヤを持たせなければいけなかったけど(2番手だったし)、Q3に向けて自信があった」

「ただ残念ながら、僕たちの速さを示すことができなかった」

 チームメイトのベッテルは、母国ドイツでのホームレースをグリッド最後方から迎えなければいけなくなった。ベッテルはそれを“非常に痛い”と表現し、次のように語った。

「本当に虚しくて、悔しくて、がっかりしている。特にここでは、マシンの調子が良かったんだ」

「昨日からフィーリングが良かったし、今朝(FP3)もさらに良かったから、今回は本当に良いチャンスだと思っていた」

「今となっては誰にもわからないことだけど、僕は(ポールを獲得することが)できたと思っている。マシンは調子が良かったし、いくつか変更した点が午後にはうまく作用するはずだったんだ」

 チーム代表のマッティア・ビノットは、どちらのトラブルも「(グリッド)ペナルティには影響がない」としており、レースに向けてマシンが完璧な状態に修復されると確信している。

「我々が失望していることに疑いの余地はない。今日まで素晴らしいパフォーマンスだったからだ。ただ、もうこれ以上のことは起こらないはずだ」

「ふたりのドライバーにとって残念なことになった。彼は非常に良い走りを予選で見せてくれたはずなんだ」

「我々は責任を感じている。特に私個人の責任を感じている。これまで起こらなかった問題がふたつも起こったんだ」

 またルクレールは、失意のフェラーリクルーを“再びハッピーにさせる”ため、決勝ではアグレッシブなレースを見せようとしている。

「これもレースの一部だし、僕たちチームはこういった出来事を経て強くならないといけないんだ」とルクレールは話した。

「僕たちが明日素晴らしい仕事ができるという自信があるので、彼ら(クルー)には笑顔をなくさないでほしい。簡単な1日にはならないだろうけど、マシンは良いので、彼らに何かしら笑顔を与えられるようにするよ」

次の記事
Q1敗退のベッテル、トラブルの原因は“ターボ関係”

前の記事

Q1敗退のベッテル、トラブルの原因は“ターボ関係”

次の記事

ノリス、Q1敗退はバッテリーパックの問題が原因。マクラーレンの調査で明らかに

ノリス、Q1敗退はバッテリーパックの問題が原因。マクラーレンの調査で明らかに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント Q1
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Valentin Khorounzhiy