F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

フェラーリF1、アメリカGPでの”直線スピード欠如”の理由を説明

シェア
コメント
フェラーリF1、アメリカGPでの”直線スピード欠如”の理由を説明
執筆:
2019/11/05 7:57

フェラーリF1は、アメリカGPの週末に直線スピードを失ったのは、エンジンとは何も関係ないと主張する。

 今シーズンの特に後半戦、圧倒的な直線スピードを武器に強さを発揮してきたフェラーリ。しかしアメリカGPでは一転苦戦することとなり、シャルル・ルクレールが4位に入るのがやっとだった。

Read Also:

 このアメリカGPの直前には、レッドブルからの問い合わせに応じる形で、FIAから技術指令が出された。これにより、燃料流量計の隙を突く形で、規定されている以上の流量の燃料を消費することは違法であると明確化された。

 フェラーリは、ライバルチームが”燃料流量のトリック”を疑っていることに憤慨していたが、アメリカGPでパフォーマンスが劣ったのもまた事実である。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、パワーユニットには何の変更もしていないと主張。その一方で、高ダウンフォースのセッティングをテストし、それがライバルに対するペースにどんな影響を及ぼすのかを確認していたことを明かした。

「過去のレースほど、ストレートで速さを得られなかったのは事実だ。しかし少なくとも予選では、コーナリングでライバルに匹敵する速さを発揮することができた」

 ビノット代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「グリップとパワーのバランスは、今週末には変更された。我々の側でのテストケースとしてね。我々はコーナリングに合わせようとしたんだ。それはシンプルなことだと思う」

「予選ではまだ競争力があったと思う。しかしレースではまだ理解すべきことがあった。そしてバランスの観点から言えば、次のレースに向けて最適なモノを理解する必要がある」

 アメリカGPでフェラーリが苦しんだもうひとつの理由。それは、ルクレールがスペック2のパワーユニットを使っていたということだ。

 ルクレールはフリー走行3回目でオイル漏れに見舞われたため、パワーユニット交換を実施。パワーアップを果たした現行モデルの前、スペック2を搭載することになった。

 パワーユニットのパフォーマンスがかなり低下したのかと尋ねられたビノット代表は、次のように説明する。

「それほど大きく下がったわけではない。少し下がっていたのは事実だ。ただこれはエンジンのスペック間の差として考えられていたもの。今回使ったのはスペック2のパワーユニットであり、モンツァで投入したスペック3ではない」

 ライバル勢は、フェラーリの直線スピードの優位性は、以前ほど大きくないことをすぐに理解した。ある情報筋によれば、これまでは0.7〜0.8秒の優位性があったが、アメリカではこれが0.5秒程度にまで短縮されたという。

 フェラーリの直線スピードが衰えたことは、今回のグランプリで2位となり、2019年のワールドチャンピオンとなったルイス・ハミルトン(メルセデス)の言葉でも確認できる。

「パフォーマンスの面では、ノーだ。驚きはないよ」

 そうハミルトンは語った。

「彼らが今シーズンを通じて、アドバンテージを持っているのを見た。しかし昨年でさえ、彼らは大きなパワーを持っていたんだ」

「しかし今年は、どこからともなくさらなるパワーを手にした。本当に思いのまま、彼らは望む時にはいつでも、もっと引き出してくるように見えた」

「今週末、どうやって我々のモノと比べればいいのかは分からないけど、間違いなく以前の状態ではなかった。以前はストレートで0.7秒も遅れていたんだから」

 しかしビノット代表はレース後、今回フェラーリのパフォーマンスが劣ったのは、技術指令があったためだとライバルチームが指摘していることに失望したと語った。ビノット代表曰く、技術指令はフェラーリには全く影響を与えず、その評価にもほとんど時間を費やさなかったという。

「正直に言って、技術指令についてはこれから目を通すことになる」

 そうビノット代表は語った。

「今週末は詳しく見ることがなかった」

「今シーズン35回目のモノだと思う。これはチームがFIAに説明を求め、FIAが回答するという通常のプロセスだ。そして予選に影響があったのだろうか? 私はそれについては分からないし、答えられることもない」

Read Also:

次の記事
2021年には金曜午前で車体仕様が凍結。パルクフェルメはFP3から適用へ

前の記事

2021年には金曜午前で車体仕様が凍結。パルクフェルメはFP3から適用へ

次の記事

FIA、重量計測無視による“厳しすぎる”ペナルティの軽減を検討 

FIA、重量計測無視による“厳しすぎる”ペナルティの軽減を検討 
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦アメリカGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble