F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
16 時間
:
58
:
36
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

フェラーリCEO「今の我々は穴にハマっているだけ」と将来の復活を確信

フェラーリのルイス・カッミレーリCEOは、同社のF1チームについて”穴の中”で立ち往生しており、懸命な仕事だけがそこから抜け出す秘訣だと信じている。

フェラーリCEO「今の我々は穴にハマっているだけ」と将来の復活を確信

 2020年のF1第9戦は、新型コロナウイルスの影響による開催カレンダー大幅変更の煽りを受け、ムジェロ・サーキットで開催されることになった。ムジェロでのF1開催はこれが史上初。しかもサーキットを所有するフェラーリの、F1通算1000レース目という記念すべき節目のレースとなった。

Read Also:

 しかしそのフェラーリの成績は振るわなかった。シャルル・ルクレールは一時3番手まで浮上したものの、結局は8位。セバスチャン・ベッテルは10位に終わった。ダブル入賞を果たしたものの、名門チームに寄せられる期待とは程遠い結果……この記念すべきレースに帯同するためにサーキットを訪れていたジョン・エルカーン会長やルイス・カッミレーリCEOに、好結果をプレゼントすることはできなかった。

 カッミレーリCEOは、チームが直面した問題を隠すつもりはないと語った。

「聞いていただきたいのだが、我々は今、穴の中にハマってしまっている。そしてそのことを、よく理解しているんだ」

「それは様々な要因が重なって生じたことだ。しかし、私が言うことは全て、言い訳に聞こえるだろう。でも、言い訳をするつもりはない」

「重要なのは、我々が抱えている問題にしっかりと集中し、我々がいるべきだと考える場所に戻るために、決意を持って懸命に取り組むことだ」

 新型コロナウイルスによる財政難に対処するため、今季から来季に向け、マシンの開発が凍結されることになっている。そのルールは、現在不振に喘いでいるフェラーリにとっては、復活に向けた足かせになってしまう可能性もある。

 ただカッミレーリCEOは、厳しい状況であると認めつつも、その中でできる限りのことを行ない、復活に繋げたいと語る。

「現実的には厳しいことになると思う」

 そうカッミレーリCEOは語る。

「F1では、コース上でも開発中でも、常に戦いの真っ只中だ。特効薬はない。時間は必要だ。そして願わくば来年のレギュレーションに少し柔軟性があり、少なくとも今の状態からステップアップできることを願っている」

「メルセデスには脱帽だ。彼らは信じられないような仕事をした。2022年には、新しいレギュレーションが施行される。それが状況をリセットするか分からないがね。それが、我々の希望だ」

 フェラーリはトスカーナGPの土曜日の夜に、フィレンツェで特別イベントを開催し、F1での1000レース目を祝った。カッミレーリCEOは、チームの将来は明るいと考えている。

「フェラーリとF1は、一心同体であると考えている」

 そうカッミレーリCEOは語った。

「フェラーリのいないF1を想像できるだろうか? またはその逆もだ」

「我々はずっとF1にいる。そして、我々だけが唯一、最初から参戦を続けているチームだ。他のチームは、参戦したり、撤退したりする。歴史も、プレッシャーを生み出すのだ。したがって我々は、次の1000レースを楽しみにしている」

Read Also:

シェア
コメント
最終スティント2番手激走……リカルド「いつもの雰囲気を壊せてよかった」とにんまり

前の記事

最終スティント2番手激走……リカルド「いつもの雰囲気を壊せてよかった」とにんまり

次の記事

多重クラッシュ発生も、F1リスタート手順は変えない! FIA「F3はうまくいった」

多重クラッシュ発生も、F1リスタート手順は変えない! FIA「F3はうまくいった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble