F1 オーストリアGP

フェラーリのアップデートも実は失敗だった? サインツJr.「ただでさえ高速コーナーが苦手なのに、バウンドするようになってしまった」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームがF1スペインGPで投入したアップグレードにより、マシンの挙動が悪化した可能性を否定しなかった。

Carlos Sainz, Ferrari SF-24

Carlos Sainz, Ferrari SF-24

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 F1オーストリアGPの予選で4番グリッドを獲得したフェラーリのカルロス・サインツJr.は、スペインGPの際に投入したアップデートにより、ここ2戦苦しんでいる可能性があると示唆した。

 フェラーリは今シーズンを、レッドブルに次ぐ2番手チームという立場でスタートさせた。しかし最近ではマクラーレンやメルセデスの後塵を拝しており、特にスペイン、オーストリアの連戦では苦しんでいる。

 オーストリアGPの予選でサインツJr.はなんとか4番手となったものの、スペインGP同様、高速コーナーでのバウンシングに悩まされ、SF-24が持つ本来の力を発揮できていないと考えているようだ。

 サインツJr.はこの原因は、スペインGPで投入されたアップデートにあるかもしれないと語る。このアップデートにより、特定の速度域ではダウンフォースが増加しているようだ。しかしそれ以外の部分でタイムを失っている可能性があり、結局のところメリットにならないかもしれないと、サインツJr.は言う。

「バウンシング(マシンの底を路面に打ち付ける状態)していないところでは、そのアップデートが機能しているのが分かると思う。でも、高速域でバウンドしてしまい、減速しなければならない場合には、ある場所では勝ったとしても、その他の場所では負けに繋がるかもしれない」

 そうサインツJr.は説明した。

「高速の要素が多ければ多いほど、トレードオフといった面では明らかに悪くなる。僕らは高速の要素が多いほど、明らかに遅くなってしまうんだ」

「理想的な状況ではない。チームはファクトリーで全力で問題を解決しようしている。そして次のシルバーストンで、より強くなって戻ってくるための方法を探している」

 この問題により、レッドブルに対して大きく後れをとっていると、サインツJr.は言う。

「あまり詳しくは言えないけど、高速コーナーが得意でないのに、バウンドしてしまうようになった。だから高速コーナーが極端に遅くなっている」

「ここ(レッドブルリンク)のターン7やターン9では、ひとつのコーナーだけでマックスからコンマ1秒も遅れている。ひとつのコーナーだけでだ。それを挽回するのは非常に難しい。コースの他の部分、低速区間ではほぼ互角だ」

「でも僕らは既にファクトリーで、この新しいパッケージとそれに伴うバウンシングの理由を理解しようと努力している。そして、シルバーストンに向けてどう改善できるか、それを探っているんだ」

 サインツJr.は、ここ最近のフェラーリが、ライバルに対して後れを取るようになってしまったことを認める。

「非常に難しい状況だし、今週末もとても難しい」

 そうサインツJr.は語った。

「ここ数戦、僕らはうまくいっていないようだ。少し苦戦している」

「レッドブルやマクラーレンに一歩後れを取っているようだ。そしてレースではメルセデスにも。スプリントと予選では、彼らの方が少し優位に立っているように見えたが、僕らも予選に向けて少し変更を加えたため、マシンはちょっと速くなったかもしれない。でも、かなりギリギリだった」

「ラップをまとめるのはとても難しかった。でも良いアタックができたし、4位になれたことには満足している」

 

前の記事 F1オーストリアGPでポールのフェルスタッペン、ピットレーン出口を“超スロー走行”も処分はなし
次の記事 マクラーレン、ピアストリのタイム抹消に抗議も却下。ステラ代表「厳しいペナルティには明確な証拠がなければ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本